ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

“島歌王子”中孝介、「中国で並んでいると…」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

“島歌王子”中孝介、「中国で並んでいると…」
J-WAVEの番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。12月6日(水)のオンエアではシンガーの中孝介さんをゲストにお迎えしました。

現在、奄美大島在住の中さん。数年前から自転車にハマっているそうで、ロードバイクのレースにも参加するほど入れ込んでいるそうです。

本業の音楽では、中国全土2000館で上映された青春映画「小情書(ラブレター)」の主題歌「One」を書き下ろし、中国語で歌っていた曲が先日、日本語バージョンとして配信限定でリリースされました。

日本国内のみならず中国、台湾などアジアでも活躍中の、中さん。昨年リリースされたベストアルバムは中国最大手の通販サイトで1位を獲得したそうです! また、メジャーデビュー10周年記念のツアーも日本より先に中国で行いソールドアウト。「島歌王子」というニックネームだそうで「実際は島歌じゃないんですけどね(笑)。そういうイメージなんでしょうね。島歌も1、2曲は入ったりしますけど」とのこと。

実はデビュー当時から中国圏で活動していたそうで、「その頃の活動があったから、今の自分があると思いますし、何よりもコンサートをやると、そこには一点の曇りもない、ただ僕のことが好きで来てくれるお客さんたちがいて。国と国が絡むといろいろなことがあるんですけど、そこにはそういうものがないので、とても嬉しいですね。」と中さん。

また、中国独特の事情についての話も。「人と人の距離が近い。例えば列に並んでいても、後ろの人がすごい詰めてくるんですよ」「女の子同士が手を繋いでいたり、男同士が肩を組んだり」「車の距離も近くて怖い。交通量が半端ないので、北京だと、偶数と奇数のナンバーで走って良い日が決まっていて、お金持ちの人は奇数と偶数のクルマの2台を持っている」など、日本ではなかなか知られていない情報も教えてくれました!

中さんは12月10日(日)に東京国際フォーラムで「中孝介コンサート−フユウンメ2017−」を開催します。「フユウンメ」とは、奄美の言葉で「冬の折り目」という意味で、冬に五穀豊穣に感謝して行う祭事だそう。「この1年、いろいろなところで歌を届けてきて、皆さんから頂いた応援や拍手の音は僕にとっても豊作なので、それにお返しをする意味を込めました」とコンサートへの思いを語りました。

来週の「GOOD NEIGHBORS」も豪華ゲストが続々出演! 女優の片桐はいりさん、柴咲コウさん、雑紙『dancyu』編集長の植野広生さんらが登場します。どうぞお楽しみに!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。