ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Google、フィーチャーフォン向けGoogleアシスタントを開発

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Google が声を使ってスマートフォンなどを操作することのできる「Google アシスタント」のフィーチャーフォン版を開発しました。インドの格安 LTE キャリア Reliance Jio(Jio)が提供する「JioPhone」は、VoLTE をサポートしたフィーチャーフォンで、Google はこの JioPhone 向けに特別にカスタマイズした Google アシスタントを用意したのです。インド市場に強く拘る Google にしても、この特別扱いには他社も羨むばかり。JioPhone 向けの Google アシスタントも AI をベースにユーザーの声で制御し声で応答する機能を有し、英語とヒンディー語を理解し話ます。Android スマホと同じように OK, Google で色々なことができます。Android スマホには出来て JioPhone には出来ないこともありますが、それでも電話、テキスト、音楽と動画の再生、インターネットを利用した検索やナビといった基本的な機能は動作します。またその他のアプリやサービスにもアクセスできると言われています。フィーチャーフォン版 Google アシスタントは、まだ JioPhone 向けにリリースされておらず、リリースの時期も明らかにはされていません。そんな JioPhone は国内でもよく見かけた折りたたみ式のデバイスで、2.4 インチのディスプレイ(非タッチ)、デュアルコアプロセッサ、512MB メモリとかなり古い Android のスペックしか備えていませんが、決済用の NFC や Wi=Fi、2,000mAh バッテリーを搭載するなど、現代の需要を考慮した機能も持ち合わせています。JioPhone は KAI OS と呼ばれる独自のオペレーティングシステムを搭載しており、Jio が提供する動画・音楽サービスなども利用することができます。Source : GoogleYouTube

■関連記事
フィリップス、Hue用の人感センサー「Philips Hue モーションセンサー」を国内発売
GoogleのDevice Art GeneratorにPixel 2 / 2 XLが追加
IBC岩手放送、番組VR アプリ「VR IWATE 360°」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。