体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「可愛い女の子を前に我ながらよくぞガマンしていることよ」仲良く添い寝? 一線超えない微妙なソフレ関係と台風がもたらすラッキースケベ! ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

セクハラは困るけど……義父に抱く親愛の情

頭の中将のもとに近江の君が来てからと言うもの、世間は彼女のゴシップでもちきり。何かにつけてやらかす人なので、最近の話題には近江の君の名前ばかりが出てきます。

源氏は「大騒ぎして引きとった娘を、わざわざ人目の多い(弘徽殿)女御のもとに出仕させて、笑いものにするとは解せぬなあ。内大臣(頭の中将)の性格だと、こんな風になってしまうのだろうか。何やらその子が気の毒だ」。

玉鬘も、妹のウワサを聞いて複雑な気持ちでした。(こちらに引き取って頂いて本当によかった。もし実のお父様の方に行っていたら、私も彼女のような思いをしたかもしれない)。

右近も繰り返し「実の親でもなかなかここまで行き届いたお世話はできないものですよ」と言っていましたが、玉鬘もそのことが身にしみて理解できます。

迷惑なセクハラ行為はあるものの、無理強いする様子はなく、表向きにはとても大事にしてくれる源氏に、玉鬘も親愛の情を強めます。まだ男女の愛として、受け入れるところまではいきませんが……。

仲良く添い寝?一線超えない微妙なソフレ関係

魚心あれば水心。秋風が吹く頃になると、源氏はいよいよ玉鬘の部屋に入り浸るようになります。日暮れの早くなったある夕べ、2人は琴を枕に添い寝していました。庭の萩の葉が風に揺れる音がしんみりと聞こえてきます。

ただ横たわっているだけですから、今で言うなら添い寝だけの相手『ソフレ』でしょうかね。なんでも、添い寝で止めておくことで、恋愛ムードやドキドキ感が楽しめるのがソフレのメリット、だそうです。

しかしお互いが合意の上で行うならともかく、玉鬘はやっぱり(まただわ)と思っていますし、源氏の方は(可愛い女の子を前に我ながらよくぞガマンしていることよ)と、ここで終わるつもりはさらさらない。良いソフレ関係(?)とは言えなさそうですね。

日が落ちると庭には篝火が焚かれ、室内を照らします。ほの灯りの中の玉鬘は見るほどに美しく、手に触れる髪はひんやりと冷たい。とてもこのまま帰りたくありません。

しかし、あまり長居しても怪しまれる。源氏は帰りたくなさそうに、庭で篝火を絶やさぬよう命じながら、「あの篝火のように、私の想いはいつまでも消えないよ。本当にいつまでオアズケを食わされるのだろう」とまで言います。

玉鬘は困りながら「火は消えるものですわ。人に不審がられますから、どうか消して下さい」。これは彼女に技アリ有効。源氏は「やれやれ」と観念して部屋を出ます。

同じ夏の御殿の夕霧の部屋からは音楽が聞こえてきます。夕霧が頭の中将の息子たちと一緒にセッションをしていたのでした。源氏は長男の柏木の見事な笛の音に感服し、玉鬘に兄弟の音色を聞かせてあげようと、若者たちをこちらに呼び寄せました。

柏木は笛と和琴が上手く、紅梅は美声の持ち主。特に柏木の和琴は、名人の父・頭の中将にも劣らない腕前です。柏木は前から玉鬘に気があるので、こんなチャンスはないとばかりに思いっきり和琴をかき鳴らしたいのですが、態度には出さず、落ち着いた風を装っています。男だねえ。

玉鬘は感慨深く、兄弟の奏でる音色と思って聞いているのですが、柏木も紅梅もそんなことは夢にも思いません。彼らが真実を知る日はまだ遠そうです。

台風シーズン到来!秋風がもたらすラッキースケベ

六条院にも本格的な秋がやってきました。特に今年は秋の庭がひときわ見事です。里下がりしていた秋好中宮はこの絶景を大変気に入り、長居してなかなか宮中に戻りません。しかし残念なことに、例年よりも強い野分(台風)やってきて、庭を無残に荒らしていきます。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy