体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleが独自VRプラットフォーム『Daydream』対応ヘッドセット『Daydream View』を12月13日に国内向けに発売へ 価格は1万2000円

Googleが独自VRプラットフォーム『Daydream』対応ヘッドセット『Daydream View』を12月13日に国内向けに発売へ 価格は1万2000円

Googleは12月1日、独自のVRプラットフォーム『Daydream』対応のVRヘッドセット『Daydream View』を発表。『Google Store』で予約受付を開始しました。

daydream2 daydream3

『Daydream View』は、2眼の高性能レンズを搭載し、対応スマートフォンを装着して使うファブリック製ヘッドセット、2個の物理ボタンとタッチパッドを搭載したモーションコントローラーから構成するVRヘッドセット。GoogleがモバイルVRで最良のVR体験を提供する環境と位置付けています。

daydream4 daydream5

カバーにスマートフォンを載せて本体にかぶせるだけと、装着は簡単。

daydream6

コントローラーを使わないときは、ヘッドバンドにしまうこともできます。

daydream7

画面のキャストに対応し、『Chromecast』などでプレイ画面をテレビに映して、複数人で一緒にコンテンツを楽しむことも可能。

daydream8

対応スマートフォンはGoogleが“Daydream-ready”として認定、発売時点で日本では下記7機種の対応が発表されています。中でもドコモが販売する『LG V30+』は、1月以降に購入したユーザー全員に『Daydream View』をプレゼントするキャンペーンを実施予定。

LG V30+
Moto Z
ZTE Axon 7
ASUS Zenfone AR
Galaxy S8
Galaxy S8+
Galaxy Note 8

daydream9 daydream10

現在、グローバルでは250以上のDaydream対応VRコンテンツが公開されており、Googleも『ストリートビュー』、『YouTube』、『Googleフォト』といったアプリが対応。国内のコンテンツプロバイダーからは、『Abema TV』、『コロプラ』、『釣りスタVR』、『Rez Infinite』、『360Channel』といったコンテンツの対応が発表されました。

daydream11

『Daydream』は2018年初めにアップデートの計画があり、ダッシュボードでスマートフォンの通知を受け取ったり設定ができるようになるほか、コンテンツの再生画面を動画でキャプチャーして共有できる機能を追加する予定。

daydream12

『Daydream View』は12月1日から『Google Store』で予約受付を開始。12月13日に発売を予定しています。価格は1万2000円(税込み)。

上記7機種を除く国内で販売されているスマートフォンへの対応は今のところアナウンスされていません。“Daydream-ready”ではない機種については、従来から販売する『Google Cardboard』の利用を推奨していく意向のようです。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy