体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レノボ『Star Wars/ジェダイ・チャレンジ』レビュー SFが現実になるARライトセーバーシミュレーター

レノボ『Star Wars/ジェダイ・チャレンジ』レビュー SFが現実になるARライトセーバーシミュレーター

レノボ・ジャパンが11月30日に発売した『Star Wars/ジェダイ・チャレンジ』のレビューをお届けします。今回、レノボさんのご協力により、ユーザーの視界に見えるゲーム画面の撮影も実現しましたので、動画と併せてご覧ください。

『Star Wars/ジェダイ・チャレンジ』は、専用アプリをインストールしたスマートフォンを装着して利用する『Lenovo Mirage ARヘッドセット』、ライトセーバー型のコントローラー、トラッキングビーコン、専用ゲームコンテンツから構成する製品。プレイヤーは自らジェダイになり、カイロ・レンやダース・ベイダーなどダークサイドの強敵を相手に対戦できる『ライトセーバー・バトル』がプレイできます。

jdc2

まず、パッケージを開封してみましょう。プレイヤーがカイロ・レンとライトセーバーで対峙するイラストが描かれたボックスを開けると……。

jdc3

そこにはライトセーバーが! まず開封する体験から、ワクワクさせてくれます。

jdc4

その下には、ARヘッドセットとビーコンを収納。

jdc5

ライトセーバーは、アナキン~ルーク~レイと引き継がれているライトセーバーを模したデザイン。劇中で使われるプロップと同スケールで、質感も上々です。ライトセーバーのレプリカとしてだけでも楽しめそう。

jdc6

柄の底部には、充電用のmicroUSBポートと電源スイッチ。柄本体にも、2か所の操作用ボタンがあります。

jdc7

ARヘッドセットは、側面に「メニュー」「決定」「キャンセル」の機能を割り当てた操作用のボタンを搭載。

jdc8

画面を下向きにして取り付けるスマートフォン画面が“ビームスプリッター”と呼ばれるスクリーンに映り、正面の視界にAR映像として見える仕組み。一般的なVRヘッドセットと比べて、視界が広いのが特徴です。左右2か所に、ビーコンの光をトラッキングするカメラセンサーが取り付けられています。

jdc9 jdc10 jdc11

付属のUSBケーブルを取り付けたスマートフォンをトレーに装着し、ヘッドセットの側面にトレーを挿入。USBケーブルをヘッドセットに接続して使用します。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会