ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

クリスマスまで巨大な“G-SHOCK”がカウントダウン! 赤坂サカスにツリーとフォトスポット出現中

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
_dsc0003

ツリーの点灯式も次々と行われ、街はすっかりクリスマスの雰囲気。今年はどこにイルミネーションを観に行きますか? 赤坂サカス・Sacas広場では、11月22日(水)から来年2月2日(日)まで、『G-SHOCK BABY-G LOVER’S COLLECTIONツリー』が公開中。

_dsc0004

毎年冬に発売する男性向け“G-SHOCK”と女性向け“BABY-G”のペアウオッチ『G PRESENTSLOVER’S COLLECTION (G プレゼンツ ラバーズコレクション)』2017年モデルのプロモーションとして登場したのは、LED照明の「LOVER’S COLLECTION」の文字で彩られ輝きを放つ、4mにおよぶ巨大なツリー! 

lovers-colle-tree-%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%b91107

ツリーの周囲には今年の『G PRESENTS LOVER’SCOLLECTION』のモチーフにもなっている“宇宙の中で共存する月と星”のイルミネーションも展示され、SNS映えするフォトジェニックなスペースとなっています。

_dsc0127

さらに思わず写真を撮りたくなるのが、ツリーの向かい側にある巨大なG-SHOCKのモニュメント! 巨大なG-SHOCKは現在クリスマスまでのカウントダウン中。クリスマス後は、新年までのカウントダウンを行う予定だとか。ぜひ、自分の身につけている通常サイズのG-SHOCKと一緒に撮影したいですね!

ツリーの公開にあわせて『#ラバコレ2017インスタグラムキャンペーン』も実施。BABY-G公式『instagram』(@babyg_jp)をフォローし、“大切な人とのLOVEな1枚!”をハッシュタグ「#ラバコレ2017」を付けて『instagram』に投稿すると、抽選でペアウォッチ『G PRESENTSLOVER’SCOLLECTION』が当たります。これは嬉しいクリスマスプレゼント! 詳しくは特設キャンペーンサイトをチェック。

【応募期間】2017年11月22日(水)~12月25日(月)まで
キャンペーン特設サイト:
http://baby-g.jp/cp/

%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e7%94%bb%e5%83%8f-1

また、ツリーが公開された11月22日(水)には、今年約14年ぶりに完全復活したKICK THECAN CREW(キック・ザ・カン・クルー)をゲストに迎えたスペシャルイベントを開催! イベント冒頭で行われたライブでは、ニューアルバム『KICK!』に収録されている『千%』とクリスマスを彩る名曲『クリスマス・イブRap』の2曲を披露。

%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e7%94%bb%e5%83%8f-2

トークショーでは、子供の頃のクリスマスの思い出や全国ツアーの意気込み、そしてKREVAさんが「最初にゲットしたのはB-BOY PARKのフリースタイルMCバトルで、その景品がG-SHOCKだった」、「壁にバーンとぶつけたけど本当に壊れなかった」など、“G-SHOCK”の思い出も語りました。

1996年に男性向け“G-SHOCK”と女性向け“BABY-G”をセットにした初代モデルを発売して以来、恋人たちのクリスマスギフトの定番として、毎年発売している愛をテーマにしたペアウオッチ『G PRESENTS LOVER’S COLLECTION』。

ga-110le-7aw_ba-110le-7aw_theme

今年2017年モデルは「Love is the most powerful force in the universe」をテーマに、宇宙の中で共存する月と星をモチーフとしたデザインで、離れることのない恋人たちの固い結びつきを表現。「愛は宇宙でもっとも大きな力である」というメッセージを込め、強い絆で結ばれる恋人たちに相応しいスペシャルモデルに仕上げています。

カラーはホワイトとブラックの2種。KREVAさんが実体験で「壊れない」と言っていたように、どちらも耐衝撃構造! 可愛らしさと“G-SHOCK”ならではの耐久性も兼ね備えたペアウォッチ。壊れない2人の愛の証になるかも?

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。