体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

資生堂がIoTでスキンケアをパーソナライズするシステム『Optune』を発表 2018年春にテスト販売開始へ

資生堂がIoTでスキンケアをパーソナライズするシステム『Optune』を発表 2018年春にテスト販売開始へ

資生堂は11月27日、IoTを活用してスキンケアをパーソナライズするシステム『Optune(オプチューン)』を発表しました。

optune2 optune3

『Optune』は、「Optimize(最適化する)」と「Tune(調律する)」を組み合わせた造語で、iOS向けの専用アプリ『Optune App』と、美容液や乳液など5種類のカートリッジを装着して使用する専用マシン『Optune Zero』から構成します。

optune4 optune5

ユーザーはスマートフォンで自身の肌を撮影すると、肌のきめや毛穴、水分量など肌の状態を測定可能。これに加えて気温・湿度など環境データ、生理周期・気分・コンディションなどユーザー個人のデータを収集・分析して、そのときの肌に合わせた美容液と乳液を配合して提供する仕組み。

optune6 optune7

美容液と乳液の組み合わせは1000パターン以上の組み合わせからユーザーに適したものが選出されるとのこと。同じ肌質のユーザーでも、東京在住の場合と北海道在住の場合では気象環境の違いから、異なる配合の美容液と乳液が提供されるそうです。

optune8 optune9 optune10

資生堂は、目の光彩の色とアイシャドウの色をマッチさせて目を大きく見せる『MAQuillAGE I(EYE) SHADOW』、肌の色をスマートフォンで正しく測定して、肌色に合ったファンデーションを提供する『bareMinerals X MATCHCo』、1000通りの組み合わせからユーザーに合った香りを提供するスマートアロマディフューザー『BliScent』といった製品を提供。利用者に最適化した“パーソナライズド・ビューティー”を提供する取り組みを進めています。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会