ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

タコパラダイス!「藤田水産」の珍味で最高の晩酌をメイク【北海道】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:mesitsu_lc:20171007122137j:plain

こんなおつまみ見たことありますか?

すごいでしょ!

そのまんまですよ、そのまんま。

さあ、晩酌しようかと袋から出すと、

息子が大歓声をあげました。

タコが名産のマチ、北海道・小平町。

藤田水産 はタコのありとあらゆる珍味が買えるお店。

知る人ぞ知る、飲兵衛の天国をこっそり教えたいと思います。

やってきました小平町

f:id:mesitsu_lc:20170918190412j:plain

最高の晩酌のためなら、どこだって。

メシ通レポーターの裸電球です。

カバンの中に夢と希望、それに尿酸値の薬を詰め込んで。

今回、向かった先は海沿いのマチ、小平町です。

日本酒のおいしい季節。

最高の晩酌、したいじゃないですか。

そんな時、すごいお店のウワサを耳にしまして。

なんでも……タコパラダイス らしいのです。

f:id:mesitsu_lc:20170918190422j:plain

札幌から車で2時間30分。

移動で半日かかろうが、行かないわけにはいかない!

ここ、小平町はニシン漁で栄えた漁業の町。

ニシンがとれなくなり、タコ漁などにシフトしていった経緯があります。

今ではマチの特産品!

一般の方が「タコ箱漁オーナー」になれるという、

全国的にも面白い取組みをしているほどです。

タコ好きの天国・藤田水産

f:id:mesitsu_lc:20170918185840j:plain

ここです、ここ!

海沿いにお店を構える、藤田水産の直売所。

飲兵衛の間で話題のスポットということですが、

知らないと通り過ぎてしまうかも。

本当に知る人ぞ知る、そんなお店です。

f:id:mesitsu_lc:20170918190145j:plain

おお!

うわさ通り、タコの珍味が並んでいます!

なんと タコだけで20種類以上 もあるんですって。

これはテンション上がります。

f:id:mesitsu_lc:20170918190108j:plain f:id:mesitsu_lc:20170918190123j:plain

▲一杯たこ 各価(大きさによって値段が異なります)

すごい!

そのまんまの姿ではありませんか!

その名も「一杯たこ」

創業当時から変わらぬおいしさ、

1匹まるごとの燻製、迫力があります。

これは絶対買っていこう。

f:id:mesitsu_lc:20170918190243j:plain

▲ひっぱりたこ 1,000円

「ひっぱりたこ」ですって。

すばらしいネーミングですね。

たこ足がたくさん入っています。

こちらも藤田水産の注目商品!

f:id:mesitsu_lc:20171007165134j:plain

他にも、頭に、まぶた(目のまわり)に、とんびにと、

あらゆるタコの部位が!

f:id:mesitsu_lc:20170918190312j:plain f:id:mesitsu_lc:20170918190321j:plain

さすがは藤田水産!

干物だけではなく、ゆでたこなど、

とびきりの商品ラインアップも魅力です。

殺菌した海水だけでゆでているので、味わいが違います。

f:id:mesitsu_lc:20170918190425j:plain

▲たこ皮ジャーキー 350円

なんと皮まで!

これは珍しい。

よし、これも買って帰ろう。

特別に工場見学

f:id:mesitsu_lc:20170918185911j:plain f:id:mesitsu_lc:20170918185922j:plain

新鮮なタコがたくさん!

これが燻製や干物になるんですね。

f:id:mesitsu_lc:20170918185928j:plain

テキパキ丁寧な手仕事!

ワサビ醤油を持って、後ろに並びたくなります。

そのままでも食べたい。

f:id:mesitsu_lc:20171007163453j:plain f:id:mesitsu_lc:20171007163519j:plain

直売所は他のお店で買うよりも安いんです。

さらに、わけあり品コーナーが!

ほんの少し色や形が悪いといった理由だそうですが、

素人の私にはほとんど変わらないように見えます。

それに味は同じですからね。

何てお得なんでしょう。

それでは、帰りますか。

最高の晩酌スタート

f:id:mesitsu_lc:20171007122306j:plain

▲一杯たこ 1,512円(大きさによって値段が異なります)

持ち帰ると、存在感が増します。

本当に大きい!

ちなみに干す前はこの4倍もあるんですって。

うま味がギュッと凝縮しているわけです。

f:id:mesitsu_lc:20171007122137j:plain

これには息子も大興奮!

そりゃそうだ。

指さして「タコー」と大騒ぎです。

こんなボリュームの肴、なかなかないですよね。

f:id:mesitsu_lc:20171007122210j:plain

それでは、かんぱ~い。

おおお。

これは衝撃。

想像以上に柔らかい!

簡単にかみ切ることができました。

そしかみ締めるたびにあふれ出てくるうま味!

ああ、最高です。

息子がタコを食べる私を……。

興味津々の笑顔で見つめています。

f:id:mesitsu_lc:20171007122215j:plain

続いてこちら!

タコ皮のジャーキー。

コショウがピリっときいています。

先ほどの一杯たことはまた違う味わい。

スパイシーな味と後引くうまさに、

日本酒が止まりません。

f:id:mesitsu_lc:20171007122241j:plain

▲たこのね 500円

これ、何かわかります?

タコの足のつけ根の部分なんですって。

わけあり品のコーナーからチョイスしました。

コリコリでおいしい!

食感も柔らかくたまりません。

気がつけば……日本酒何合飲んだんだ?

息子の姿もありません。

f:id:mesitsu_lc:20171007122452j:plain

ということで。

小平町を訪れた際には、藤田水産へ!

ここはまさに飲兵衛の聖地。

タコパラダイスでした。

北海道だからと諦めないで。

こちらの商品はお取り寄せが可能です!

小平のタコで最高の晩酌を楽しみませんか?

贈り物にも喜ばれますよ。

お店情報

藤田水産

住所:北海道留萌郡小平町字鬼鹿広富90番地

電話番号:0164-57-1048

営業時間:8:30~18:00

定休日:10月~3月までの日曜日

ウェブサイト:http://www.tako-fujita-suisan.com

※この記事は2017年9月の情報です。

※金額はすべて税込みです。

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。 ブログ:「裸電球ぶら下げて」

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

道民御用達コンビニ「セイコーマート」の自社ブランド商品だけで札幌ピクニックしてみた【秋冬リリース情報アリ】
生誕地は札幌の小さな酒場?全国でも珍しいオリジナル割り材「サッポロッピー」を飲んでみる
おやつといえばコレでしょう!思い出が詰まったビタミンカステーラ【北海道】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。