体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

息子の写真を撮った場所は8年前に自殺を考えた公園のベンチの前 生きていればきっと良い事はある

誰でも一度は「死にたい」などと思ってしまったことがあると思います。イギリスの作家、クレイグ・ストーン氏(以下、同氏)が、8年前に真剣に自殺を考えていたベンチの前で息子さんを撮影して『Twitter』で公開しています。



8年前、同氏は息子さんの後ろにあるベンチに座って、「ロンドンのブラックフライアーズ橋から身を投げてしまおうと考えていた」、「明日も今日と同じかもしれない。でも、今日よりいい日になるかもしれない。ひょっとしたら思いもよらない光明が差すかもしれない。 諦めずに頑張ろう」と、「#depression(うつ病、憂鬱)」のハッシュタグ付きでツイートしています。

同氏は30才の時に人生に嫌気がさし、自らロンドンのグラッドストーン・パークでホームレス生活を始めました。ホームレス生活をしながら、執筆活動を行い、見事ホームレスからイギリスの人気作家へと駆け上がった同氏の言葉だけに、『Twitter』上では共感や感謝といったポジティブなツイートが多く見受けられます。



「あなたのことを知らないし聞いたこともないけど、あなたの体験談を共有することは多くの人にとって重要な意味がある。あなたの勇気、そして体験談を語ってくれたことに感謝します」



1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。