体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“隙がない万能機”Nikon D850 開発者インタビュー 「設計担当に こんなの出来ません! と言われた」力作

dsc_0160_s

フットワークが異常に軽いカメラ史上トップクラスの高解像度

有効画素数4575万画素、常用ISO感度64~25600、ボディー単体で最高約7コマ/秒、マルチパワーバッテリーパックMB-D18(電源にEN-EL18b使用時)使用で約9コマ/秒、という恐るべき高スペックを打ちだしたデジタル一眼レフカメラ『D850』が2017年9月8日発売となりました。数値の強さもさることながら、驚異的なのは高画質と軽快な使用感を両立しているバランスでした。

dsc_0163_s

実際に触れてみたところ、持ちやすさ、レリーズ、全てが“軽快”なのです。重いという印象のあった高画素モデルですが、フットワークの軽さが印象的でした。
気軽に持ち出し、いつもと同じように何気なく撮影した風景を等倍で切り出すと、想像を超えた鮮明さで被写体の隅々まで描写されているのです。

参考記事:【実写アリ】予約殺到! Nikonの渾身モデル『D850』は「何でも写る」
http://getnews.jp/archives/1884444

今回はそんな『D850』の開発秘話を株式会社ニコン映像事業部マーケティング統括部UX企画部 商品企画一課 課長 沼子真幸さん、同課の江口英志さんにお話を伺いました。製品の企画から立ち上げまで監修している、まさしく“中の人”です。

この貴重な機会に、色々と伺ってみました。

dsc_0170_s

D810ユーザー「もっと高速で撮りたい」

―― 今日はよろしくお願いします。

沼子:今日は江口から色々ご説明させていただきます。

江口:よろしくお願いします。

―― まずD800シリーズが開発された経緯、製品コンセプトを改めて教えてください

江口:D800は高画質モデルとして開発されました。D800シリーズを企画した背景というのをご説明しますと、当時、約1200万画素のD3、約2450万画素のD3Xというフラグシップモデルがありました。当時としてはかなりの高画素モデルで好評いただいていたのですね。そのなかでD3Xユーザー含め「もう少し高画素のモデルが欲しい」という要望をいただきました。D3ともなるとそれなりの連写性能もありましたが「そこまで速くなくていい」という意見があったのです。

「連写はそこまで要らない」「もう少し小さくならないの?」と。「大きさとしてはD700くらいに」という要望がありました。

―― なるほど。その初代D800からD810と代を重ねました

江口:D800からD810では画素数はそれほど変わらなくて、どちらかというと画像処理などエンジンに関する性能を向上させてD810も好評いただいておりました。D810をお使いのお客様の撮られる被写体、ジャンルを確認すると結構、連写で撮りたいという要望がありまして。

―― D810ユーザーの方が「連写で撮りたい」とおっしゃったというのを聞いてビックリしたんですが

江口:我々もビックリしました(笑)。どちらかというとD810のターゲットユーザーは風景写真とかコマーシャルフォトなどのスタジオユースを想定していて。もちろん、それ自体は間違っていなかったのですが、そうしたユーザー以外にも野鳥や航空写真、人によってはスポーツを撮影されるユーザーもいらっしゃり「なるほど、そういう使われ方もするのだな」と我々もビックリしたわけです。そうなるとただの高画素モデルではなくなります。

1 2 3 4 5次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy