体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Fossilの最新スマートウォッチ「Q Control」はGoogleアシスタント機能搭載!

時計メーカーFossilはこのほど、新たなスマートウォッチ「Q Control」を発表した。目玉はGoogleアシスタントや心拍測定などの機能を搭載していること。

スマホとの連携やアクティビティトラッカーとしての機能も充実していて、ますます使い勝手がよくなっている。

・ストラップも充実

OSはAndroid Wear。Android 4.3以降、iOS 9以降の端末と連携し、SNSなどさまざまなノーティフィケーションを表示する。

デザインはおなじみ丸型で、これまでの同社のスマートウォッチに比べややスポーティな印象だ。ストラップの選択幅も広い。

・音声で簡単操作

Googleアシスタントが使えるということは、音声であらゆる操作ができ、調べ物なども簡単にできるということ。スマホを持ち出す頻度がかなり抑えられそうだ。

また、歩数や距離、燃焼カロリーなどの計測はもちろん、心拍測定機能は運動をする際に役立つ。ちなみに、水深50メートルまで耐える防水仕様なので水泳にも使える。

その他のスペックとしては、ストレージは4GBで、連続作動時間は24時間。価格は275ドル(約3万1000円)となっている。

Fossil

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。