体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「夫がいてもこれなら真剣に口説けばなんとかなるだろう」 嫁に出すか愛人か? 良い父親を演じるオジサン=源氏が思いついた世にもゲスい事 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

夏のお勤めはツライよ!平安時代の夏の男メシ

長い梅雨があけると、格別に暑い夏がやってきました。とにかく暑いので、源氏は池に張り出した釣殿で憩い、夕霧と若い貴公子たちがお供をしています。桂川から取り寄せた鮎、鴨川の石伏(カジカ)をその場で調理させていると、頭の中将の息子たちがやってきました。

「おお、よく来たね。退屈していたところだよ」と、源氏は彼らを歓迎し、お酒と氷水、水飯(冷茶漬けの原型。当時は強飯を湯漬けや水漬けにして食べた)を出します。当時は希少な氷も、源氏ならふんだんに使えたはず。ケータリングの魚料理と合わせて、さながら、平安時代の夏の男メシといったところでしょうか。

釣殿は風が通るのですが、さすがに午後になると西日がギラギラ。セミの激しい声も暑苦しい限りです。

「水の上にいてもどうしようもない暑さだね。私はちょっと失礼して」と、源氏は横に。カッチリした格好の若者を横目に「お勤めの人は大変だねえ。こんな日でも帯紐が解けないなんて。まあ、うちではちょっとリラックスしていきなさい」。真夏でもスーツに革靴でないといけないお仕事と同じですね。暑い中、本当にお疲れ様です。

「さて、こう暑いと何をする気も起きないが……最近はあまり宮中にも行かないので、世間の話題にも疎くなってしまった。何か目がさめるような、面白い話はないかね」。

そう言われても、特にニュースとかないし……。若者たちが緊張していると「そういえば、誰から聞いたか忘れたが、内大臣(頭の中将)がよそで生まれたお嬢さんを引き取ったとか。本当かね?」

次男の紅梅が答えます。「いえ、そんな大したことでは。父は以前から、行方不明になった女の子がいるから探して欲しいと申しておりまして。名乗り出た者がいたので兄の柏木が調べて連れてきたんですが、その、なんといいますか……」。

頭の中将が引き取った女の子は、近江(滋賀)出身なので『近江(おうみ)の君』と呼ばれていました。紅梅がくわしく話せないのは、彼女がとんでもないお笑いキャラだったため。悪い意味ですっかり有名人になっていたのですが、源氏は知っていて水を向けたのです。性格悪いな~。

お子さんが大勢いるのに、わざわざ探して連れてこられるとは欲張りだね。頭の中将は遊び人だったからなぁ。うちは子どもが少ないから、そんな子がいたら引き取りたいがねえ……」。頭の中将の息子たちはイタい話題をさんざんイジられ、いたたまれません。

「夕霧もそういうお姫様をもらったらどうかね。彼女(雲居雁)とは姉妹なんだから、上手く行かない恋にこだわっているよりは」。これも当てつけで言っているのですが、本命がいても他の恋愛を同時進行できた源氏と、できない夕霧とでは、本質的に理解できないところがあるのかも。

もっと早く教えてよ……本当の父に会えない裏事情

陽が傾いてきました。風が涼しく、若者たちはここを出たくない様子。「ゆっくり涼んでいくといいよ。オジサンはこれで失礼。長々すると若者に煙たがれる年になったからね」。夕霧たちは玉鬘の所へ行く源氏を見送りについてきます。

源氏は玉鬘の部屋から、彼女と夕日の中の貴公子たちを見物。庭は今が盛りの撫子が見事です。若者たちは花の中を歩いては、悩ましげな視線をこちらに向けてくるのでした。

「ほら、もう少し外が見えるところまでおいで。あれがあなたの実の兄弟だよ。本当はここへ飛んできたいだろうが、夕霧が真面目すぎて連れてこないのだ。気の利かないやつだね。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。