体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

特撮のカリスマ出渕裕がキャラクターデザイン! 『超時間ヒーロー ストライド』が地球に舞い降りる

stride

味長持ちガム『ストライド』に、新キャラクター『超時間ヒーロー ストライド』が登場する新TVCMが制作されました。24日、東京・秋葉原UDXにて、キャラクターデザインを担当した出渕裕(いづぶち ゆたか)さんが発表会に登場。3人のニューヒーローも初披露されました。

『ストライド』は2010年5月に「ヤバイほど味長続き」をコンセプトに発売されたガム。黒を基調としたクールなデザインとその美味しさが特に若者に支持され、年間の売り上げ目標を2か月で達成するなどヒット商品に。

そして、2012年。「あきらめるか、続けるか」という新しいフレーズを掲げ、TVCMがリニューアル。これには、若い世代が“自分なりのスタイル”を求めていることに対し、「継続することで手に入れられる」というメッセージがこめられています。

stride

このCMに登場する3人の『超時間ヒーロー ストライド』のキャラクターデザインを手がけたのは、出渕裕さん。出渕さんは、仮面ライダーシリーズを含む数多くの有名なアニメーションや特撮映画のキャラクターデザインを担当。4月より隔月でイベント上映される『宇宙戦艦ヤマト2199』の総監督を務める、カリスマ的人気を誇る日本屈指のデザイナーです。

stride

そして、出渕さんのデザインした世界観を完璧に実体化したのは、映画『キューティーハニー』、『ヤッターマン』、『GANTZ』などのコスチューム制作を手がける竹田団吾さん。“出渕裕×竹田団吾”という最強タッグで、ニューヒーローが誕生しました。

stride stride stride

オファーを受けたことはありながら、出渕さんがCMのためだけにキャラクターデザインを行ったのは今回が初。「以前からこういうヒーローを作ってみたかった。日本のヒーローよりは、アメコミ的なヒーローに近いイメージでアプローチしました」と話しているだけあって、その仕上がりは最高にクール。細部や後姿にもこだわった細かなディテールはさすがです。

stride stride stride

「商品のイメージを大切に、ロゴとカラーリングを意識して作った」というヒーローは黒を基調に、それぞれ緑、青、黄色のアクセントカラーが入ったボディスーツを身にまとっています。『ストライド』ブランドを連想させる、スタイリッシュなデザインです。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。