体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サポーター必見! 横浜F・マリノスの本拠地、新横浜を“住むとしたら”目線で歩いてみた

横浜F・マリノスのホーム「新横浜」ってどんな街? 家賃相場や暮らしやすさは?

神奈川県横浜市、横須賀市、大和市を拠点とするプロサッカークラブ、横浜F・マリノス。Jリーグ発足時から続く歴史あるチーム(1999年に横浜フリューゲルスを吸収合併)であり、数々のタイトルを手にしてきた人気チームである。

そんな横浜F・マリノスのホームといえば『日産スタジアム』。最寄りはJR新横浜駅だ。東海道新幹線とJR横浜線が乗り入れ、駅周辺にはオフィスビルが立ち並ぶ。また、横浜市営地下鉄ブルーラインも利用可能だ。

あまり生活の匂いは感じられないが、熱心なサポーターであれば、一度はスタジアムの近くに住みたいと考えるかもしれない。そこで、今回は新横浜の街を「暮らし目線」で探ってみたいと思う。

北口はオフィス・マンションエリア

まずは駅前をチェックしていこう。北口にはオフィスビルやマンションが集まっている。【画像1】大きな建物が多い北口(写真撮影/小野洋平)

【画像1】大きな建物が多い北口(写真撮影/小野洋平)

小さなスーパーや薬局などは点在しているものの、商店の数はそれほど多くない。だが、日常的な買い物は駅直結の「キュービックプラザ新横浜」でほぼ事足りる。新横浜在住の主婦・Kさんによれば、「生活必需品は駅前で、週末は近くの『トレッサ横浜』や鴨居の『ららぽーと横浜』まで車で出かけることが多いですね」とのことだ。【画像2】環状2号線の歩道から見た新横浜駅北口。都会的な雰囲気(写真撮影/小野洋平)

【画像2】環状2号線の歩道から見た新横浜駅北口。都会的な雰囲気(写真撮影/小野洋平)

また、北口は幹線道路が整備されていて、車での移動が便利。今年3月には首都高につながる横浜北線も開通した。

「ただ、道路が開通して便利になったぶん交通量も増えましたね。特に、マリノスの試合がある日は混雑していますし、駅前にも人があふれます」(前述のKさん)【画像3】県道13号線から続く環状2号線は混雑することが多いそう(写真撮影/小野洋平)

【画像3】県道13号線から続く環状2号線は混雑することが多いそう(写真撮影/小野洋平)

北口周辺にはレジャースポットも豊富だ。全国の人気ラーメン店が集う「新横浜ラーメン博物館」や、1年中スケートが楽しめる「新横浜スケートセンター』、ライブ・イベント会場の「横浜アリーナ」など、サッカー以外にも楽しみが盛りだくさんだ。【画像4】新横浜ラーメン博物館(写真撮影/小野洋平)

【画像4】新横浜ラーメン博物館(写真撮影/小野洋平)

南側は緑豊かな住宅街

一方、駅の南側に足を向けると、雰囲気は一変。丘の上に住宅が点在する、のどかな風景が広がっている。開発された北口との、あまりのギャップに驚くかもしれない。【画像5】丘陵地のため階段や坂が多い(写真撮影/小野洋平)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。