ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

この冬「家なべ」するなら試してみたい「鍋つゆ」はコレ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

家で鍋を囲む機会も増えるこれからの季節、毎回似たような味では家族からもクレームが…。飽きのこない家なべのヒケツは、何といっても「鍋つゆ」のセレクト。同じ具材でも鍋つゆを変えるだけで全く異なる味わいに仕上がってくれる。そこで今日は、いつもの具材をグレードアップしてくれる「鍋つゆ」を厳選して3つ紹介しよう。


1.【カルディコーヒーファーム】「もへじ 塩レモン鍋つゆ」298円(税込)
カルディの一番人気がコレ。レモン果汁を加えたチキンベースのスープになっていて、爽やかな酸味と香りが素材の味を引きたててくれる。トマトやソーセージ、パクチーなど洋風の具材にもよく合い、〆にはごはんとチーズを入れてリゾットにしても美味しく食べられる。


2.【無印良品】「手づくり鍋の素 トムヤムクン鍋」(税込290円)
特に女子からの絶大な人気を誇るエスニック鍋の王道「トムヤムクン鍋」。無印良品のトムヤムクン鍋は、ライム・レモン・唐辛子を使った酸っぱくて辛いスープを、レモングラスで爽やかに仕上げてある。しめにご飯や春雨を加えると、また別の楽しみが。


3.【セゾンファクトリー】「鍋たれ トマトの赤鍋」1296円(税込)
ジャム・ドレッシング・飲料・デザートなどの製造・販売を行っているセゾンファクトリーの、11月中旬頃発売開始予定の新商品。時間をかけじっくり煮詰めて旨みを凝縮させたトマトピューレと、国産鶏ガラスープや野菜エキス等の厳選した素材だけをブレンドした赤鍋スープだ。お値段もそれなり!だが、“ふた手間違う”本格鍋が家庭で食べられると前評判も上々。ホームパーティーなどでもちょっと差がつきそう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。