ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

岸谷五朗がグランフロント大阪のツリー点灯式に出席 「赤といえば岸谷、岸谷といえば赤」と赤への愛を明かす

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

大阪市北区にある複合商業施設、グランフロント大阪にて8日(水)、メインクリスマスツリーである「Red Rose Blossom」の点灯式が行われ、『HiGH&LOW』等で活躍する俳優の岸谷五朗さんが出席。MCに感想を聞かれ、「赤といえば岸谷、岸谷といえば赤ですから」と真顔で赤への愛をジョーク交じりに語った。

岸谷さんの合図で点灯した同ツリーは、約10メートルの巨大なもの。深紅のバラが80個近く、数多くあしらわれているが、実はすべて紙製のバラ。

MCが「いやあ、これはとても紙には見えないですよね!」と言うと、岸谷さんも「本当に素晴らしいです!」と感動した様子で見上げていた。

この晩、ビシッと黒のフォーマルなスーツできめた岸谷さんは、最高の表情で招待ゲストや報道陣にツリーを紹介。アカデミー賞の授賞式のよう。

実はツリーお披露目会はパーティーも兼ねていて、会場にはアルコールも! アカデミー賞公式シャンパーニュのパイパー・エドシックまで!

グランフロント大阪のツリーの点灯式は今年で5回目だそうだが、それまでの白などに変わり、今年は赤に。赤もクリスマスカラーで見応え十分!

劇団などの舞台稽古で煮詰まった際には、「赤いジャージを着て、テンションを上げる」などシュールなルーティン(?)も披露した岸谷さん。

また今回の点灯式は、グランフロント大阪とエイズ対策組織で世界的なチャリティー団体であるREDが、初めてコラボレーションしたイベント。グランフロント大阪各店にてオリジナルのラッピングサービスや赤い食材などを使ったメニューを利用すると、そのオーダー数に応じてグランフロント大阪がREDへ寄付を行う。もともと岸谷さん自身もエイズ啓発運動を積極的に展開していて、「僕たちもエイズデーにショー開催していて収益金を全額寄付していますが、お客様が満足して寄付にもなるというのは、本当に素晴らしいことだと思います」とコラボの趣旨に共鳴していた。

商業施設では初めてのコラボというグランフロント大阪とREDのイベント「GRAND WISH CHRISTMAS 2017」は、12月25日(月)まで開催予定。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ときたたかし) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。