体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

折りたたんで持ち歩ける太陽光充電器「Sunslice」でスマホをいつでもチャージ!

スマホのバッテリーがピンチになったときに限ってコンセントは見つからないもの。ましてやアウトドアとなればなおさらだ。

万一に備え、コンセントがなくてもスマホを確実に充電できる手段を確保しておきたい。そう考えている人のために開発された折りたたみ式の太陽光充電器「Sunslice」を今回は紹介しよう。

・ガジェット類の充電も

ベルギーのスタートアップが開発したSunsliceはソーラーパネルを搭載し、太陽光で発電する。太陽光発電器そのものは珍しくないが、Sunsliceのポイントは折りたたむとクレジットカードほどの大きさになることだろう。

加えて、手持ちの充電ケーブルを直接つなげることができ、USB、マイクロUSB、ライトニングに対応するのも便利。スマホだけでなくデジカメやヘッドフォンなど身の回りのガジェット類も充電できる。

・2時間で50%充電

Sunsliceのソーラーパネルは6枚。肝心の発電能力はというと出力は3W、晴れていれば約2時間でiPhone 6SやGalaxy S6のバッテリー50%を充電できるとのこと。

ちなみに、2つのSunsliceをつなげることも可能で、その場合の出力は6Wとなり充電スピードも倍になる。

Sunsliceは現在クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達を展開中。今なら79ユーロ(約1万円)〜となっている。日常使いはもちろん、災害に備えて持っておくのもよさそうだ。出資期限は12月10日。

Sunslice/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会