ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

チャッキーかよ! 可愛い表情から一転怖い表情に激変するヤバイぬいぐるみ『Feisty Pets(フェイスティペット)』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

『チャッキー』『アナベル』『ブラームス』と聞いてピンときた方は、間違いなくホラー映画を結構見ている方だと思います。“人形ホラー”という言葉があるくらい、人形が登場するホラー映画って怖いですよね。心理学的にどういった理由かはわかりませんが、なぜか人形に対して恐怖心を感じてしまう人はかなり多い様子。最近だと映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の“ペニーワイズ”の影響でピエロも人間の恐怖心を煽る対象となってきているようです。

人間が恐怖心を感じる対象は人形やピエロだけでなく、ぬいぐるみも該当しそうです。優しそうな可愛らしい表情から悪魔や悪霊に取り憑かれたかのような表情に一変する『Feisty Pets(フェイスティペット)』と呼ばれるぬいぐるみも、子供にとっては“怖い”存在でしょう。大人からしてみれば、“怖い”というよりは“ヤバイ”といった感じかもしれません。その“ヤバイ”奴、『Feisty Pets』はすでにいくつものバージョンが販売されてきました。日本でも『Amazon』や『トイザらス』で気軽に購入可能です。

Feisty Pets – Christmas Bear From ThinkGeek (YouTube)
https://youtu.be/We7IAhbXnZM

アメリカの通販サイト『ThinkGeek(シンクギーク)』では、11月に入りクリスマス商戦が始まったということで、クリスマスバージョンのクマ(Christmas Bear)を現在販売中。価格は19.99ドル(約2200円)となっています。

Feisty Pets Christmas Bear [リンク]
http://www.thinkgeek.com/product/jvqk/?cpg=yt

可愛らしいクマさんをギュッとすると、歯をむき出しにして睨みつけてきます。このからくりを知らないままギュッとしてしまうと、小学校低学年以下のお子様なら泣きだしてしまうかもしれません。「ユーモアと悪意は紙一重」と言われますが、子供達へのクリスマスプレゼントとしては“ヤバイ”かもしれないですね。

※画像:『YouTube』より引用
https://www.youtube.com/watch?v=We7IAhbXnZM

※ソース:
http://www.thinkgeek.com/product/jvqk/?cpg=yt

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。