ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「このハゲ――ッ!」はやはりNG? 「ユーキャン新語・流行語大賞 」ノミネート30語発表

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
shingo_ryukougo

11月9日、「2017年ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート語30語が発表された。

新語・流行語大賞
http://singo.jiyu.co.jp/[リンク]

アウフヘーベン
インスタ映え
うつヌケ
うんこ漢字ドリル
炎上○○
AIスピーカー
9.98(10秒の壁)
共謀罪
GINZA SIX
空前絶後の
けものフレンズ
35億
Jアラート
人生100年時代
睡眠負債
線状降水帯
忖度(そんたく)
ちーがーうーだーろー!
刀剣乱舞
働き方改革
ハンドスピナー
ひふみん
フェイクニュース
藤井フィーバー
プレミアムフライデー
ポスト真実
〇〇ファースト
魔の2回生
ユーチューバー
ワンオペ育児

最有力候補の一角であろうと思われる豊田真由子・元衆議院議員の「このハゲ――ッ!」は、やはりノミネートされず。その代わりに(!?)秘書への罵声の中に登場していた「ちーがーうーだーろー!」が挙がっていた。

この「新語・流行語大賞」、昨年2016年の年間大賞に輝いたのは「爆買い」と「トリプルスリー」。発表の翌日、2015年まで審査員長をつとめていた鳥越俊太郎さんがテレビ番組で「受賞式に来れる人じゃないと大賞から外れる」という主旨の発言を行い話題になっていた。

参考記事:本当は「五郎丸」が2015年の年間大賞だった!?  「新語・流行語大賞」の裏側を鳥越俊太郎さんが明かす
http://getnews.jp/archives/1564354[リンク]

また、「保育園落ちた日本死ね」をトップテンに選出して何かと物議を醸す。ネット上には、「日本」でなく「ユーキャン死ね」というワードが頻出。ユーキャンに対して抗議デモが行われ、替え歌まで作られる騒動に……。ちなみに、受賞式に登場したのは今をときめく山尾志桜里衆議院議員だった。果たして、今回はどのワードが年間大賞・トップテンに選ばれるのだろうか。
審査委員会は

姜尚中(東京大学名誉教授)
俵万智(歌人)
室井滋(女優・エッセイスト)
やくみつる(漫画家)
清水均(『現代用語の基礎知識』編集部長)
(敬称略)

で構成されており、そもそもこのメンバーが流行語を選ぶのにふさわしいのか? ということも議論になっている模様。

……まあ、それはそうと。
当サイトも2007年より『ガジェット通信・ネット流行語大賞』『アニメ流行語大賞』なるイベントを開催しており、今年も現在ノミネートワードを募集中であります。是非宜しくお願い致します!

参考記事:今年はアベプラといっしょ♪『ガジェット通信 ネット流行語・アニメ流行語大賞2017』ノミネートワード募集!
http://getnews.jp/archives/1959393[リンク]

※画像は『新語・流行語大賞』のサイトより

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。