ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

離席時に持ち物を見守るキングジムのモニタリングデバイス『トレネ』のAndroid対応が決定

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
離席時に持ち物を見守るキングジムのモニタリングデバイス『トレネ』のAndroid対応が決定

キングジムは、『Makuake』でクラウドファンディングを実施中のモニタリングデバイス『TRENE(トレネ)』について、iOSだけでなくAndroidに対応することを発表しました。

『トレネ』は、外出先で荷物を置いたまま離席する際、スマートフォンとBluetoothで連携して荷物を見守る小型のモニタリングデバイス。荷物の上に置いてスマートフォンを持ったまま離れると警戒状態に切り替わり、荷物を動かそうとして『トレネ』が振動すると、本体から警告のアラームが鳴るという仕組み。カフェやコワーキングスペース、セミナーなどでトイレや電話などで席を離れる際の利用を想定しています。

10月の発表時点ではiOS10以降の『iPhone』のみに対応とアナウンスしていましたが、Androidアプリの開発にも着手したことが『Makuake』のプロジェクトページで発表されています。『Makuake』のクラウドファンディングは、記事執筆時点で目標の50万円を大きく上回る370万円以上の金額を集め、サポーターは570人を超えています。

一人での外出をもっと快適に!荷物を見守る小さなパートナー「TRENE(トレネ)」 | クラウドファンディング – Makuake(マクアケ)
https://www.makuake.com/project/trene/

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。