体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3人の“イクメン”エンジニアが体感した、男性社員が育休を取得しやすいカルチャーの正体

3.16%——これが、2016年度雇用均等基本調査で明らかになった、日本の男性の育休取得率。お世辞にも「多い」とはいえない数字です。そのような中、モバイルファクトリー代表の宮嶌裕二は2017年10月、二度目の育休を取得しました。当社には、育休や育児時短を取得しやすいカルチャーがあるのです。

※本記事は、PR Tableより転載・改編したものです。

社長の幸せそうな姿に背中押されて——。育休取得を決断した3人のエンジニア

f:id:kashiemi:20171018122250p:plain

▲左から、小林謙太・木村岳文・青柳智也

私たちモバイルファクトリーの育休取得男性1号、それはほかでもない代表取締役の宮嶌裕二でした。

宮嶌は2013年11月から2週間の間、育児に専念。そのときの体験を嬉しそうに語る代表の姿を見て、モバイルファクトリーの数人の男性社員たちは、あることに気づきます。

「男性が育休取っても大丈夫なんだ……!」

その機会がいち早く訪れたのは、インフラチームのマネージャーを務める木村岳文。子どもが保育園に入るタイミングの2014年3月から5月末まで3ヶ月間、育休を取得しました。

木村 「宮嶌が先に育休を取っていたので、育休への抵抗はありませんでしたね。妻の職場の復帰をスムーズにするため妻が育休を明けるタイミングで、入れ替わりで育休をもらいました」

一般的に、宮嶌や木村のようにマネジメント職が長期の休暇を取得する場合、裁量権の所在が悩みのタネとなります。果たして自分が今離れて、チームは機能するのだろうか……? 2016年1月から1ヶ月間、マネージャーになった直後に育休を取った小林謙太にも、葛藤がありました。

小林 「育休取得のタイミングは非常に迷いましたね……。プレイヤーからマネージャーになったばかりで自分自身も手探りでしたので。ただ、子どもが育つ時間は二度と取り戻せない時間だと思い立ち、決断しました」

このように先輩社員が続々と育休を取得していく中、「時短勤務」という道を選んだ男性社員もいます。青柳智也は2016年7月から9月にかけて、9時半〜16時半の出社時間を続けました。

青柳 「サービスを作りはじめのタイミングだったので、完全に休む決断もできなかったです。プレイヤーとして遅れを取るのでは、という懸念もありましたね。上長にはむしろ育休を推奨されましたが(笑)」

社員それぞれが悩みや葛藤を持ちながらも、先輩“イクメン”の姿に背中を押され、仕事と家庭のバランスを調節することに。しかし、このとき彼らはまだ“育児”を甘く見ていたのでした……。

仕事のほうがよっぽど楽だった……イクメン3人の育児奮闘記

f:id:kashiemi:20171018122314p:plain

▲それぞれの育休中の様子

掃除・洗濯・炊事・授乳・便の処理……。育休を取得して奥さんが職場に復帰してから、木村は“専業主夫”として日々奮闘します。

木村 「こんなに大変だったのかと驚きました。育休前は、読みたい本や開発したいアプリなど“育休中にやることリスト”を作っていたのですが、細切れな時間しか確保できず、何ひとつ手をつけられませんでした。『休』とつくけど休みじゃないなと(笑)」

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会