ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マクドナルドの謎のトレーディングカードがカオス過ぎる! 見たこと無いキャラ『スピーディー』が目立ち過ぎ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


マクドナルドのトレーディングカード『McDonalds Collectible』をご存じだろうか。マクドナルド公式のトレーディングカードで5枚1パックで売っているのだ。1パックに1枚、いわゆる5枚に1枚はレアカードとなっており透明なフィルムカードも入っている。今回はこの『McDonalds Collectible』を入手したので是非紹介したい。

※全ての画像がご覧になれない方はこちらから閲覧下さい。

このトレーディングカードは金色の包み紙に入っており国内だと1パック400円前後で入手可能。纏めて購入すると更に安くなる場合もある。カードの紙質はやや古いレトロ感漂うカードと、透明フィルムのレアカードの2種類。袋をあけるとなんとも古い臭いがする。例えるなら古本屋の香りだろうか。嫌な臭いではないので良しとしよう。中に入っている物はマクドナルドの歴代の人気キャラクターや、実在するお店などマニアック過ぎる物が紹介されている。

有名バスケ選手も登場

アメリカのカードなので説明も全て英文だが、ロナルドやハンバーグラーといった日本でもお馴染みのキャラクターはデザインだけでも理解できる。中には日本国内、いわゆる日本マクドナルドのキャンペーンもトレーディングカードになっており身近に感じることができる。

中には「あんた誰だよ」というドマイナーなキャラクターや、海外のみで流れていたCMスーパースターバスケ選手、チャールズ・バークレーもカードになっている。

謎のキャラクター『スピーディー』

特にゴリ推しされているのが『SPEEDEE(スピーディー)』というキャラクターで、ロナルド(ドナルド)を差し置いて目立っている。30周年の記念やマクドナルドの看板、またこのトレーディングカードの裏面に表記されていたりと何故ここまでというくらいだ。
しかし日本人には馴染みが全く無いだろう。顔がハンバーガーで出来ており、ウインクをして見ているだけで少しイラっとくるキャラクターだ。
今でこそマクドナルドのマスコット=ロナルドと世界中で認知されているが、昔はこのスピーディーがメインマスコットだったようだ。


希にクーポン券も出てくる

日本国内では輸入のみで取り扱われているのがこのマクドナルドカード『McDonalds Collectible』だ。希に超レアなクーポン券も出てくることがあるが、日本国内では残念ながら使うことが出来ない。そのクーポンはマクドナルドの商品と引き替えが可能とのことだ。
トレーディングカードそのものは、全50種類とコンプリートしやすいのでこれを機会に集めてみては如何だろうか。これを持っていると子どもや女の子にモテモテ間違い無しだぞ! アマゾンでも取り扱っているので探してみてはどうだろうか。



4/23(月)13:27 写真追加



マクドナルドのトレーディング​カードをゲットしたった![リンク]


※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP