体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

俳優・岐洲匠さんインタビュー「ヒーローになるために美容師をやめる」周りに笑われても強い気持ちがあれば夢は叶う

俳優・岐洲匠さんインタビュー「ヒーローになるために美容師をやめる」周りに笑われても強い気持ちがあれば夢は叶う 岐洲匠 岐洲匠

芸能界デビュー後、すぐに『宇宙戦隊キュウレンジャー』で主役を射止めた俳優、岐洲匠さん。しかし、中学時代はやる気のない毎日を送っていた時期もあったといいます。そんな日々からヒーローになれた理由、そして、ヒーローになってからの苦労など仕事への思いをうかがってみました。

 

やる気がない中学時代、将来のことなんて何も考えていなかった

岐洲匠

 

――岐洲さんはもともと美容師になりたかったそうですね。

中学生のときに美容師になりたいと思い、高校生で普通の高校とダブルスクールで美容専門学校に通っていました。

――中学生でやりたいことが見つかるなんスゴイ! きちんと将来を考えていたんですね。

いえ、真逆なんです。僕、中学校までなんにも考えてなくて、むしろやる気のない子どもでした。勉強が嫌いで「なんのために勉強しないといけないの?」と思い学校にも行かず、ゲームばかりやっていた時期もあるぐらい。そんな僕の様子を見て、母親が「このままだとまずい」と思ったらしく、専門学校のパンフレットを取り寄せて僕に見せてくれて。もともと美容には興味があったので、おもしろそうだなと思い美容師を目指したんです。

――母親に感謝ですね。でも、そのままいけば今頃、美容師になっていたはずですが、なぜ役者に?

これも母親が『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』に応募してみたらとすすめてくれて。僕自身も「自分がどこまでいけるんだろう」と興味本位とノリで応募したんです。ちなみに書類選考の写真はおばあちゃんが選んでくれました(笑)

――家族、団結ですね(笑)。それで、どこまでいけたんですか?

『明色美顔ボーイ賞』を受賞できて、ありがたいことに何社かの事務所にスカウトされたんです。でも、このときは美容師になると思っていたし、ダブルスクールに通うだけでも大変だったので、これに加えて芸能のお仕事をするなんて絶対に無理だと考えてお断りしました。

 

一度は断った芸能界。でも同期がヒーローになっている姿を見て衝撃を受けた

岐洲匠
1 2 3 4次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会