体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「私、義父と一線を超えてしまったの!?」下心むき出し!いきなり手を握ってきたオジサンのフェチ目線 誰にも言えないセクハラの悩み ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

「なんだか怪しいものを感じる」グサリと刺さる妻の釘

若き日の恋人、夕顔の忘れ形見の玉鬘。日に日に母親に似てくる彼女を見て、たまらなくなった源氏は思わず紫の上に話します。「不思議に人を引きつける魅力のある娘だよ。母親(夕顔)は大人しすぎるくらいの人だったけど、玉鬘は物事をよくわきまえて、しっかりしているから安心だ」。

その口ぶりから怪しいものを感じた紫の上は「なんだかお気の毒ね。あなたをそこまで信頼なさっていて。私だって、あなたをお父様かお兄様だと心から信じていた時期がありましたわ」。ギクッ!源氏は内心(鋭い!これはヤバイな)と思いつつ、「そんなことはない」と否定。その後も引き続き、足繁く玉鬘の部屋を訪れます。

「気持ち悪い!」フェチ目線で告白してきた義父に困惑

雨の上がりかけた初夏の夕べ、玉鬘は部屋でのんびりと、お習字をしていました。リラックスした表情、顔にかかる髪の感じ、頬の色……。玉鬘は見るほどに夕顔に似ています。

源氏は胸がいっぱいになりながら「初めて逢った時はこれほど似ているとは思わなかったが、最近あなたが時々母君に見えることがあるよ。夕霧は母親(葵の上)に全く似ていないから、そんなものかと思っていたが……」。

そう言いながら源氏は彼女に接近し「ずっと夕顔のことが忘れられなかった。あなたが同じ顔でここにいるのが夢のようだ。ああ、どうか私を嫌わないでおくれ」と、手を握ります。

男の人に手を握られたのなんて初めて。玉鬘は想定外の出来事に思わず(気持ち悪い!)。でも振り払うようなことはせず、おっとりと「母と同じとすれば、私の命も儚く消えてしまうかもしれません……」

どうしていいかわからず、打つ伏す玉鬘。源氏に奪われた白い手が震えています。ここで彼女の手を舐め回すように観察する源氏の目線がフェチっぽい。(キメの細かいきれいな肌だ……柔らかくて、ふっくらして、なんて可愛いんだろう)。うん、なんか、気持ち悪い!

テンションが上ってきた源氏は「私が嫌いですか。今の今まで私はあなたへの想いを隠して、誰にもわからないようにしてきた。義父としての愛情の上に、男女の更なる愛が加わる。いけないことだろうか。大きく深い愛情であなたを守ってあげられるのは私だ」。加わらなくていいよ、男女の愛!

源氏はくどくどと、お得意の口説き文句を垂れ流します。何やらエロ小説みたいな展開に、ナレーションも「何とも身勝手な理屈である」とツッコんでいます。というか紫の上にはバレてるよ!

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会