体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『キラキラ☆プリキュアアラモード』ジャン=ピエール役・尾上松也インタビュー 「もともと声優のお仕事には興味がありました」

precure_matsuya_01

2017年10月28日公開の映画『キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』で、シエルのパリ時代の師匠ジャン=ピエール・ジルベルスタインを演じるのが、歌舞伎役者の尾上松也さん。ディズニーアニメ『モアナと伝説の海』マウイ役に続いての声優の仕事になりますが、今回ガジェット通信ではインタビューに成功。『プリキュア』シリーズに参加する心境や、ジャン=ピエールの魅力、さらには自身も大好きだというスイーツのお話も伺うことができました。

precure_matsuya_02

ーー『プリキュア』は23作目という人気アニメですが、『キラキラ☆プリキュアアラモード』に出演することが決まった時の気持ちをお聞かせください。

尾上松也(以下、松也):僕らは『美少女戦士セーラームーン』の世代で、『プリキュア』はそのあとのアニメというイメージでした。ですが、僕自身は存在をよく耳にしていて、女の子からとても人気がある作品ということは知ってました。僕もそうでしたが、たくさんの方もアニメーションを見ながら育つ経験をしていると思いますし、こういった人気のあるアニメ作品に出させて頂くということは非常に光栄です。僕が演じるキャラクターを見ながら、お子さんたちが楽しんで成長してくださるというのは夢がありますし、声を演じさせて頂くことに非常にやりがいを感じています。

ーー出演が決まった時、周囲からの反応はどうでしたか?

松也:そうですね。僕も32歳になったので、周りにも家族のいる友人が増えています。そういう中でお子さんのいる方は子どもを通して親も一緒に見ますので、親も詳しくなるみたいで、自分が出演すると発表されたときは何人かの友人から、記事ごとSNSで送られてきましたね。

precure_matsuya_03

ーー今回演じられるジャン=ピエールの役作りで気をつけたポイントを教えてください。

松也:ジャン=ピエール・ジルベルスタインは、パリのパティシエでシエルちゃんの師匠にあたり、とにかくスイーツを愛している男です。スイーツのことしか頭になくて身も心も捧げた修行僧のような、俗世を離れた人のような感じの人です。一見すると非常に常軌を逸し過ぎている程スイーツ愛があるわけなんですけど、逆にそれだけまっすぐにスイーツと向き合っている。演じる上で気をつけたのは、確実に変人ではあるんですが、スイーツに対するまっすぐさを演じることによって、シエルが師匠ということにもつながるのではと思いながら演じさせていただきました。

ーージャン=ピエールは、おっしゃるようにスイーツに対しての情熱がすごくあって、それゆえに上から目線になってしまうような発言もあると思うんですけども、そういう部分で意識したところはありますか?

松也:声の上ではギャップですね。普段のジルベルスタインはどちらかというと、クールで突き詰めてやっているだけに、自分のものさしの世界の中でしか生きていない男。それに相反することをすることに対しては結構冷たかったりします。ですがスイーツのことになると急に激情的になって、感情的になる部分は意識しましたね。ですので、スイーツの話をする時には結構声が高かったり、「トレビアン」という彼の代名詞みたいなセリフがあるのですが、ちょっとキャラを逸脱してやってみてるというところはありました。

1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。