ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

駅近&24H営業で急成長し続ける「磯丸水産」を楽しみつくすには?【チェーン居酒屋解体新書】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
駅近&24H営業で急成長し続ける「磯丸水産」を楽しみつくすには?【チェーン居酒屋解体新書】 f:id:Meshi2_IB:20170920104342j:plain

「磯丸水産」の推しポイントは…… 自分で貝や魚を焼くのが楽しい 24時間いつでも開いているので便利 じつはお酒の種類も豊富

みなさん、飲んでますか〜?

最近忙しくて友達とスケジュールが合わず、もっぱらお酒がお友達。

酔っぱライターの江口まゆみです!

コンビニみたいな存在感

今回は、「磯丸水産」渋谷新南口店へ行ってきました。

「磯丸水産」といっても、まだなじみがない地域もあるかもしれませんが、2009年に東京・吉祥寺で1号店を出して以来成長を続け、今では全国153店舗まで拡大。

首都圏ではどこの駅前でも見かけるチェーン居酒屋店になりました。

f:id:Meshi2_IB:20170925095134j:plain

とにかくごちゃごちゃと賑やかな外観。

f:id:Meshi2_IB:20170925095155j:plain

そして、こうこうと明るい店内。

f:id:Meshi2_IB:20170925095216j:plain

「24時間営業ですから、よくコンビニみたいと言われます。おかげで女性お一人様でも安心して入れると好評なんです」

そう話すのは、店長の松本慎吾さん。

研修制度がしっかりしているのと、24時間営業ということで働きたい時間に働けると、かえってスタッフが集まるのだとか。

なるほど、店長も楽しげなはずですね。

f:id:Meshi2_IB:20170925095254j:plain

入口には水槽があり、活きの良い貝や魚たちを見ることができます。

f:id:Meshi2_IB:20170925095306j:plain

おいしそう〜!

「焼き物マイスター」に頼るべし

さて、ビールは芸がないので、何かないかとメニューを探すと、なんとハイボールが6種類もあるじゃないですか!

f:id:Meshi2_IB:20170925095325j:plain

さっそくジンジャーハイボールをオーダー。

ジンジャーエールが入っているのでちょっと甘いですが、

1杯目にはいいですね。

f:id:Meshi2_IB:20170925095346j:plain

つまみはもちろん活貝の盛り合わせ。

水槽から揚げたばかりの貝たちがどどーん!

白蛤(シロハマグリ)、ホタテ、サザエ、ホッキ貝がギッシリ詰まっています。

f:id:Meshi2_IB:20170925095405j:plain

これに蟹味噌甲羅焼を加え、豪快にテーブルの上で焼き上げます。

うわ〜、これめっちゃ楽しい!

自分で焼くのに自信がない人には、店長が認定した「焼き物マイスター」が焼いてくれるので安心です。

f:id:Meshi2_IB:20170925095419j:plain

▲「焼き物マイスター」と書かれている腕章に注目! 焼き方に迷ったら、この方々に迷わず尋ねてみるべし

豊富なトッピングメニュー

貝を焼いている間に食べるのは、まぐろの2種盛り。

f:id:Meshi2_IB:20170925095439j:plain

バチマグロとビンチョウマグロがまたしてもどどーん!

すごいボリューム、そしてうまい〜。

f:id:Meshi2_IB:20170925095452j:plain

飲むのはシャーベット状の冷酒に梅酒をかけた「風神」。

飲みやすいけどけっこう強いので気をつけましょう。

f:id:Meshi2_IB:20170925095510j:plain

さて、そろそろ貝が焼けましたよ〜。

身は熱々のプリプリ!ハフハフといただけば、

磯の香りがびゅーっと吹き抜けます。

醤油をつけなくても、海水の自然な塩味でじゅうぶんです。

f:id:Meshi2_IB:20170925095523j:plain

貝につけるトッピングメニューも、バター醤油やマヨネーズソースなど、

5種類もあって飽きさせません。

生海苔醤油をホタテにかけると、海苔のうま味が加わっておいしいです!

お値打ちな昼飲みがおすすめ

魚介にはやっぱり日本酒でしょう。

お、大好きな菊正宗の樽酒を発見!

f:id:Meshi2_IB:20170925095646j:plain

このお酒、ほんのり樽の香りがしてうまいんですよ〜〜。

f:id:Meshi2_IB:20170925095721j:plain

つまみは一番人気の蟹味噌甲羅焼。

これがビックリするほど生臭さがなく甘いのです。

この味は磯丸水産オリジナルで、普通の蟹味噌はクセがあって食べられないという人も、これなら大丈夫!

実際、磯丸水産の蟹味噌しか食べないという人が続出中なのだそうです。

f:id:Meshi2_IB:20170925094347j:plain

シメにいただいたのは、秋が旬の「ひやおろし」。

冬に造ったお酒が夏を越して、ひときわまろやかになっております。

いや〜、これはぜいたく!

「ひやおろし」が終わると、ボジョレー・ヌーボーのシーズンがやってきます。

今年は11月16日が解禁日ですね。

日付が変わったと同時に解禁を祝う、ヌーボーパーティーはぜひ磯丸水産で!

(ただし、今年は本数が少なく限定になるとのこと)

24時間営業だからこそ、そんなことも可能なのです。

ちなみに昼間の時間は丼物が主体ですが、お店によっては夜メニューを出してくれるところもあるそうです。

しかも昼間はドリンクメニューの一部が150円引きになり、夜よりもお得に。

生ビールがジョッキ一杯300円は超おトクです!

さあ、磯丸水産で貝を焼きながら昼飲み、いかがですか〜?

【お会計】

お通し=399円、ジンジャーハイボール=399円、活貝盛り合わせ(大盛り)=1,988円、蟹味噌甲羅焼=499円、まぐろの2種盛り=699円、風神=499円、生海苔醤油=50円、樽酒本醸造=499円、磯丸ひやおろし純米酒=499円(すべて税抜料金)

お店情報

磯丸水産 渋谷新南口店

住所:東京都渋谷区渋谷3-28-7 青ビル1F

電話番号:03-5778-9151

営業時間:24時間営業

定休日:無休

ウェブサイト:https://www.sfpdining.jp/brand/isomaru/

www.hotpepper.jp

※この記事は2017年8月の情報です。

※金額はすべて税抜きです。

※取材先は「磯丸水産 渋谷新南口店」でしたが、お店情報のリンクは「磯丸水産 さかな(貝)加工センター 渋谷マークシティ横店」となっています。ご了承ください。

書いた人:江口まゆみ

江口まゆみ

神奈川県鎌倉生まれ。早稲田大学卒。1995年より、「酔っぱライター」として世界中の知られざる地酒を飲み歩き、日本中の酒のつくり手をたずねる旅を続ける。旅をした国は20ヶ国以上、訪ねた日本酒、焼酎、ワイン、ビール、ウイスキーの現場は100カ所以上。JCBA認定ビアテイスター。SSI認定利酒師。酒に関する著書多数。近著は『ビジネスパーソンのための一目おかれる酒選び』(平凡社) Facebook:酔っぱライター 江口まゆみ

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

うわさの「チーズタッカルビ」をフライパン1つで再現!【甘辛濃厚メチャウマ】
【グルメバーガーの名店】そびえ立つピリ辛バーガーはミディアムレア【Jack37Burger】
粉からこねて「チキンラーメン」を自作してみた【理系メシ】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。