体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どっちが正規品!? エルメスの真贋を見極める5つのポイントとは~真贋セミナーに参加した!

株式会社ドリームファクトリー(大阪府大阪市)が運営する貴金属・ブランド品買取販売店「ゴールドプラザ」の主催による『エルメス講習会~豆知識と真贋~』が開催された。正規品とコピー品をどうやって見分けるのか? セミナーの様子をレポートする。

 

おなじみ「ゴールドプラザ」の真贋セミナー、今回はエルメス

金のセミナー」「ダイヤモンドのセミナー」に続く第3弾のテーマは『エルメス』。

今回も興味深い内容で盛りだくさんの90分だった。講師を務めるのはおなじみ、ゴールドプラザのブランド事業部鑑定士の川崎拓氏だ。

おなじみ川崎拓氏。

セミナーは、馬具職人からスタートしたエルメスの歴史をなぞるところから始まった。会場の熱気が最高潮に達したのはもちろん「商品に触れる際には、必ず白い手袋をつけて下さいね!」という川崎氏の駆け声とともに始まった、コピー品の見分け方コーナーだ。

そもそもコピー品とは「非合法に他社の人気商品のデザインや商法を模倣、もしくは似せた物」のこと。コピー品の販売は「商標権や意匠権、特許権の侵害となり、国内法では5~10年の懲役または500万~1000万円の罰金を課せられる」という。ここで、川崎氏から気になる一言が。

 

「このコピー品を他者に譲渡もしくは販売すると、コピー品を作った者と同様に、処罰の対象となってしまいます。皆さんも騙されて買ってしまったコピー品を売ることがないよう、気を付けてください!」

 

もはや「知らなかった」では取り返しがつかなくなる場合もあるのだ。ということで、今回はセミナーで伝授された5つのポイントを、この記事の読者にも共有する。

川崎氏いわく、エルメスを表すキーワードは「伝統」「革新」「職人」「品質」「希少性」「継続」「エルメスと言う名の統一感」であり、これらワードを念頭に置けば、おのずから真贋の答えも見えてくるという。では5つのポイントをなぞっていこう!

 

コピーの見分け方①:ブランドの刻印

まず1つ目のポイントとなるのが「ブランドの刻印」だ。

「正規品は型押ししてから彩色されているので、文字の書体は太さがすべて統一されています。」

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。