ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

#RAB10周年 リアルアキバボーイズ無料ワンマンライブ2017~待ってろよ!アニメ化 in 中野サンプラザ~

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
RAB

2017年10月22日、中野サンプラザにて、RAB結成10周年のライブが開催されました。
台風21号の影響で交通網が心配される中、
会場前では開演を楽しみにしているファンで溢れかえっていました。

ライブは、夢を叶えたRABが、自分たちを振り返るストーリー構成で展開されていきます。
登場時には、なんと年老いた”未来のRAB”が登場し観客の笑いを誘いました。

RAB(Real Akiba Boyz)は、ブレイクダンスを得意とするダンスパフォーマンスチームです。メンバーは、アニメや漫画、ゲームが好きな所謂「アキバ系オタク」のみで構成され、アニメソングに合わせてブレイクダンスをする特徴あるパフォーマーチームです。インターネット上でもリアルでもファンからとても愛されています。

ライブは寸劇とダンスによって展開され、人気アニメソングに合わせたハイクオリティのパフォーマンスに、客席は盛り上がっていきます。

今回の「無料ワンマンライブ2017~待ってろよ!アニメ化 in 中野サンプラザ~」
クラウドファンディングにて支援を募り、1,000万円以上を集めたことによって開催されました。

支援のリターン(お返し)には、優先的に入場できる権利の他、ライブ中に「焼きそばパン買ってこい」とメンバーに命令できる権利などユニークなものもあり、このリターン(お返し)の実施も含め、観客を巻き込んだパフォーマンスも行われました。

焼きそばパンを買って来させるメンバーを選ぶ参加者

突然指名されメンバーとダンスバトルをする都内在住のリョウさん

観客全員でツイートし、10秒でトレンド入り

ライブはドンドンと盛り上がり、客席のボルテージも上がっていきます。

スペシャルゲストの登場

アンコールに突入し、今日の素晴らしい時間の終わりが近づく中、サプライズゲストが登場。

なんと「RAB」の創立者であるものの、芸能活動からは離れていたチャカが登場し、
懐かしさを感じながらも圧巻の「RAB」のパフォーマンスを魅せました。

そして、10周年を祝う盛大なイベントもいよいよ最後となり、
メンバー1人1人がこの10年を語りました。

マロン

「ダンスを一度やめ、漫画家を目指してアシスタントになったりと、グループだけでなく個人でも本当にめまぐるしい10年でした。」

DRAGON

「最初に動画を投稿したのが思い出に残っている。動画文化がまだまだ根着いていない中、ハレ晴レユカイを踊ってアップしたのが、恥ずかしくもあり、とても思い出に残っている。」

けいたん

「時間の経過はすごいけど、この5人は10年であんまり変わってない。成長はしたんじゃないかと思うけど、根本は変わってないよね(笑)でも、RABの活動を今までしてきて、この景色が信じられない。とても嬉しい。」

ムラトミ

「RABの活動に際して、愛知から東京に出てきた。昔はほんとに誰にも見てもらえなくて、銭湯で全裸で喧嘩したのが今では懐かしい。良い思い出だな。」

涼宮あつき

「10年好き勝手やってきて、テレビに出たりもしたけど人気が出なくて、本当に大変だった。沢山の辛いことを経験してきたけど、皆さんがいてこそ、今ここにいます。本当にありがとう。クラウドファンディングを始めた時も、みんなが離れてしまうんじゃないかと不安だった。でも、今日こんなに来てくれた。本当にありがとう。武道館とアニメ化の夢についてきてください。宜しくお願いします。」

こうして、「RAB」10周年の無料ライブは幕を閉じました。

「RAB」、次は武道館へ、
そして、二次元へ連れて行ってくれ。

(執筆者: momotarabitch)

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。