体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Excel(エクセル)で年齢・社歴計算】毎年変わる数字を自動的に算出するには?

エクセルで社員名簿や顧客名簿を作るときに、年齢や勤続年数を入力することはないでしょうか?

これらの数字は毎年変わっていくものなので、年が変わるごとに修正するのは効率的な作業とは言えません。この記事では、エクセルで年齢を自動計算する方法をご紹介します。この記事でご紹介する関数を覚えておけば、勤続年数などを算出する時にも使うことができます。ぜひ、押さえておいてください。

※本文に記載した設定方法はすべてOffice2013の操作です。

【Excel(エクセル)で年齢・社歴計算】毎年変わる数字を自動的に算出するには?

1.生年月日をもとに、「DATEDIF関数」で現在の年齢を算出する

DATEDIF関数を使うと生年月日から自動で、現在(本日時点)の年齢を求めることができます。

【構文】

=DATEDIF(生年月日,基準日,”単位”)

では、算出方法を詳しく見ていきましょう。

【完成イメージ】

生年月日をもとに、「DATEDIF関数」で現在の年齢を算出する

【算出方法】

1.E3セルに「=DATEDIF(D3,TODAY(),”Y”)」と入力すると年齢を求めることができます。”Y”は年齢を表す単位で「満年齢」で計算されます。

2.入力した式を残りのE4からE12のセルにオートフィルでコピーします。

2.指定した日の時点での年齢を算出したい場合

例えば、「2020年4月1日時点」の年齢を算出したい場合です。

【完成イメージ】

指定した日の時点での年齢を算出したい場合

【算出方法】

1.E1セルに、「2020/4/1」と入力します。(場所はどこでも構いません)

2.E3セルに「=DATEDIF(D3,E1,”Y”)」と入力します。これで指定した日の年齢を算出することができます。

3.他の人の年齢も「2020年4月1日時点」にしたい場合、必ず基準日であるE1セルを参照するように、「E1」の間に、絶対参照を表す「$(ドルマーク)」を付け、構文を「=DATEDIF(D3,E$1,”Y”)」とします。

4.オートフィルでコピーをし、他の人の年齢を算出します。

なお、年齢計算された値に「歳」とつけるときは、セルに「=DATEDIF(D3,基準日,”Y”)&”歳”」と入力すると自動的に「●歳」という表記にすることができます。

3.年齢の表示を「●歳●ヶ月」としたい場合

年齢を●歳●ヶ月と詳しく計算したい場合の構文は

=DATEDIF(生年月日,today(),”Y”)&”歳”&DATEDIF(生年月日,today(),”YM”)&”ヶ月”

です。E3セルで算出した後、残りのセルにオートフィルでコピーします。

なお、”YM”は○ヶ月などの1年未満の月数を表示させたいときに入力する引数です。

4.年齢計算で知っておくと便利なこと

・DATEDIF関数の単位の引数

下記の引数を覚えておくと、「●歳●ヶ月●日」や「●年●ヶ月●日」などの表示をしたい場合に便利です。一覧にしましたので、ぜひ参考にしてください。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。