体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自分の価値を高めたいのなら“美人薄命”を見抜かなければいけないーーマンガ『エンゼルバンク』に学ぶビジネス

自分の価値を高めたいのなら“美人薄命”を見抜かなければいけないーーマンガ『エンゼルバンク』に学ぶビジネス

『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、ビジネスの視点で名作マンガを解説いただく>コーナー。今回は、三田紀房先生の『エンゼルバンク ドラゴン桜外伝』の第8回目です。

『エンゼルバンク』から学ぶ!【本日の一言】

こんにちは。俣野成敏です。

名作マンガは、ビジネス書に勝るとも劣らない、多くの示唆に富んでいます。ストーリーの面白さもさることながら、何気ないセリフの中にも、人生やビジネスについて深く考えさせられるものが少なくありません。そうした名作マンガの中から、私が特にオススメしたい一言をピックアップして解説することによって、その深い意味を味わっていただけたら幸いです。

f:id:fujimine:20171018104435g:plain

©三田紀房/コルク

【本日の一言】

「“美人薄命”。それが転職先の企業を選択するときの法則」(『エンゼルバンク ドラゴン桜外伝』第2巻 キャリア10より)

龍山高校の英語教師だった井野真々子(いのままこ)は、10年目にして仕事に飽きてしまい、転職を決意します。井野は、かつて一緒に働いていた弁護士の桜木建二(さくらぎけんじ)に相談。桜木は以前、経営破綻の危機にあった龍山高校で教鞭を取っていた時期があり、東大合格者を排出することによって当校を救った救世主でした。

井野から話を聞いた桜木は、転職エージェント会社の転職代理人・海老沢康生(えびさわやすお)を紹介。井野は海老沢の下でキャリアパートナーとして働くことになりますが・・・。

「人気企業ランキング」に入る会社が良い会社なのか?

井野は、転職希望者・山口のために、有名企業ばかりを選んでエントリーしますが、ことごとく不合格になってしまいます。そこへ海老沢が現れ、「井野のつくったリストは、“美人薄命”の法則に則っていない」と言い出します。

山口から「担当替えも考える」と言われてしまう井野。美人薄命の意味がわからない井野は、営業担当の田口にその意味を尋ねます。それは「就職先人気ランキングトップ20の会社を、転職希望者に紹介する時は注意しろ」というものでした。

実は以前、海老沢はこれに関するレポートを社内で発表していました。そのレポートによると、人気上位企業の中で、10年後もトップ20に残っている確率はわずか28%。残れなかった72%の企業はたいてい業績が低迷し、凋落していると結論づけられていたのです。

「世間で知られている企業」はほんの一握りしかない

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会