体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ケンカの仲裁からファンへの追悼まで……ライアン・ゴズリングの“超絶いい人”エピソード!

映画
%e3%82%b5%e3%83%96%e2%91%a1

SF映画史上最高傑作として、今なお語り継がれる『ブレードランナー』 (82)。その続編『ブレードランナー 2049』が10月 27日(金)より公開となります。“ブレードランナー”デッカードをハリソン・フォードが再び演じ、新たな“ブレードランナー”Kを『ラ・ラ・ランド』のライアン・ゴズリングが熱演している本作。

今回は「ハリウッドきってのいい人」と言われるライアンの数々の“ライアン伝説”をご紹介します!

【1:まるでヒーロー!? NYの街で起きた一般人のケンカを仲裁】

2011年のニューヨーク、とある街角で事件は起きた。路上で絵を売っていた男性と、お金を払わずに絵を持ち去ろうとした男性が口論になり取っ組み合いのケンカをしていたのだ。周囲の人たちが止めようとしたものの、誰も止められず騒ぎになっていた。しかしそのケンカを見つけたライアンが突然現れ、2人のケンカを止めたのだ。

しかもその止め方がまさにヒーローそのもの。ライアンは2人を人目のつかない所まで連れて行くと、なんと自分のお財布から20ドル札を取り出して絵を買い取ったのだ。その絵はもちろん盗もうとした男性に渡し、ライアンはその場から立ち去ったそう。この一部始終を見ていた女性の証言で明らかになり、まさにヒーローのようなライアンの驚くべきいい人エピソードだ。

【2:アカデミー賞授賞式で前代未聞の事件!?その時ライアンが“笑っていた理由”がイケメンすぎた】

今年のアカデミー賞授賞式でのこと。作品賞の発表時に、本来受賞するはずだった『ムーンライト』の代わりに『ラ・ラ・ランド』が発表されてしまうという前代未聞の事件が起きた。ライアンを始めエマ・ストーンらが テージに上がり、プロデューサーが歓喜のスピーチをしている時に、取り違えが発覚。その時ライアンがステージ上で口に手を当て笑う様子が撮られていた。

しかし、ライアンは取り違えをバカにして笑っていたわけではなく、本当の理由があった。ライアンはステージ上でヘッドセットを着けたスタッフたちが見えたため、「誰かが発作を起こしたんだと思った」そうで、緊張感漂うステージ上で最悪のことを考えてしまったという。そのため『ムーンライト』の受賞だったということを知った時、とても安心してつい笑ってしまったというのが真相のよう。アカデミー賞の授賞式という舞台でも、つねに他人を思いやる心がイケメンなのだ。

【3:ライアンがついにシリアルを食べた!?その裏に隠されたファンへの思いとは?】

スコットランド出身のライアン・マクヘンリーという若者をご存知だろうか。マクヘンリーさんはインターネット上に、ライアン・ゴズリングの出演シーンにシリアルを乗せたスプーンを近づけ、まるでライアンがシリアルを拒否しているかのようなパロディ動画を投稿。その動画は瞬く間に拡散されたが、マクヘンリーさんは骨肉種というガンを患い27歳の若さで亡くなったのだ。それを知ったライアンは、シリアルを食べる動画を投稿して彼を追悼。ライアンはツイッターで「僕が少しでも彼の人生の一部になれて嬉しいよ」と投稿し、ライアンの優しい性格が伝わるエピソードだろう。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会