体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

芸能事務所が続々参戦!Youtuber戦国時代到来

キャプチャ
有名無名を含めて「Youtuber(ユーチューバー)」と呼ばれる人は今やとんでもない数になっており、Youtuberのための事務所も数多く存在しています。こんなご時世、誰もが1人や2人はYoutuberの名前をあげることができるのではないでしょうか。
Youtuberが“素人”であるかはさておき、彼らはいわゆる“芸能界”とはまた違った世界で活躍をする人たちでした。ところが昨今、その流れが激変。各芸能事務所が続々とYoutuber事業に乗り出しはじめているのです。
【プロの芸人がYouTuberに】その最たる例が、お笑い界の最大手・吉本興業が運営するマルチ・チャンネル・ネットワーク「OmO(オモ)」。ジャンポケの斉藤さんや野生爆弾のくっきーさんなど、すでに知名度のあるプロのお笑い芸人たちがこの「OmO」に所属し、YouTubeに進出しているのです。
企画作りや話術など、視聴者を楽しませる要素はまさに彼らの得意分野。お笑いのプロが手がける動画は、YouTubeというステージでも輝くのでしょうか。
【大手事務所・ツインプラネットも参戦】
キャプチャ1そんな中、鈴木奈々さんやぺえさんが所属する芸能事務所「ツインプラネット」も、動画業界に参戦を表明しています。
ツインプラネットには上記の有名タレントの他に、1万~10万人規模のフォロワーを抱えるインスタグラマー「マイクロインフルエンサー」が多数所属しています。動画の主役となるのは、そんな彼ら。合計1000万を超えるフォロワーに向け、「ファッション」「ビューティー」「ライフスタイル」「トラベル」4つのカテゴリーの動画を配信していくといいます。
このムービーズクリエイターズ集団は「IN-STER」と名付けられ、メンバーは小澤しぇいんさん、絢さん、よしあきさん、齋藤美沙貴貴さん、桃坂ナナさんなど、そうそうたる面々。同世代に多大な影響力を持つ、SNS界のビッグネームばかりです。
彼女らの活躍の場はこれまで主に“静止画”でしたが、“動画”へのニーズがないわけではありませんでした。
「当社所属のヴィエンナ(フォロワー数54.4k)は、通常2000~3000のいいね!数のところ、動画投稿をすることにより40000再生を記録した」(ツインプラネット)
ですが、動画投稿には多かれ少なかれ技術が必要です。そこでツインプラネットは、専門チームを設け、インスタグラマーたちに動画の撮り方や編集方法を指導。動画も投稿できるインスタグラマー事務所「IN-STER」を完成させたというわけです。
例えばメイクのHow toなどは、静止画から動画になることで格段にわかりやすさがアップすることでしょう。インフルエンサーたちの更なる活躍に期待が持てそうです!

1 2次のページ
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会