体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

雲の上から広い世界を眺めていた梟の眼差しのように物事を眺めるーー 笠井麻衣子 「梟の眼差し」

MK-17-05

ユカ・ツルノ・ギャラリーにて、笠井麻衣子の個展『梟の眼差し』が開催。2年ぶりとなる本個展では、絵画が持つ物語性を西洋絵画の伝統的モチーフを用いて探求した新作を発表する。
 笠井麻衣子は、日常の中で目にした風景をもとに自身で物語を作り上げたり、既存の物語の語られえなかった部分を独自に想像して新たな視点を導入したり、近年はとくに物語と絵画の関係性について追求しながら絵画制作を行っている。勢いのある筆触とキャンバスの余白を生かした絵画には、少女や動物、着ぐるみなど、社会的に未分化な存在がモチーフとして登場します。背景と同化するような曖昧な構図と色彩を持って表現された絵画上のイメージは、物語的でありながら抽象的な世界としても表象されている。

 本展覧会タイトル「梟の眼差し」の梟は、ギリシア神話の女神アテーナーが従えていた梟を指す。知恵、工芸、戦略を司るアテーナーは、自己の聖なる動物として知の象徴である梟を側らに置いていたと言われている。笠井は「都市の守護女神として崇拝され、あらゆる光景を俯瞰の目で見る女神の傍らで、同じように雲の上から広い世界を眺めていたであろう梟の眼差しのように、日常とは違った角度で物事を捉えようとする試み」としてこのタイトルを採用。

 絵画の制作者として西欧の伝統的な題材を再考する一方で、この梟の視点は笠井が制作する上で重要な見地となっている。笠井は大和絵などに見られる俯瞰的な視点や、花鳥風月を主題とする伝統的な日本美術の観点を絵画の構図として取り入れており、題材として描かれた光景を、伝統的な絵画の永遠性ではなく、時間をともなった物語性へと導く。

 また、今回新に登場する石膏像のモチーフは、日本で芸術を学んだ作家にとって馴染み深い存在です。近代芸術の教育の一環としてデッサンの対象でしかなかった石膏像は、西洋絵画の題材と重ね合わされた少女たちと同様に、作家にとっては身近な素材でありながら、文化的にも時空間的にも現代と切り離された出自を持っている。メディアとしても、また題材としても伝統的な対象を別角度から眺めようという笠井の試みは、時間と空間を繋ぎあわせようとする新たな物語性を持つ絵画として立ち現れ、観客に様々な読み解きを与える。

笠井麻衣子 
1983年愛知県生まれ、金沢美術工芸大学大学院修了。2008年『シェル美術賞 2008』準グランプリ受賞。主な展示に『第30回損保ジャパン美術財団選抜奨励展』(損保ジャパン東郷青児美術館、2011年)、『シェル美術賞 アーティスト セレクション』(新国立美術館、2012年)、『VOCA展2016 現代美術の展望 – 新しい平面の作家たち』(上野の森美術館、2016年)。作品はピゴッチ・コレクション、髙橋コレクション、昭和シェル石油株式会社などに収蔵されている。

笠井麻衣子「梟の眼差し」
会期:2017年10月21日 – 11月25日
開廊時間: 火 – 木、土 11:00 – 18:00、金 11:00 – 20:00
休廊日: 月、日、祝
会場: ユカ・ツルノ・ギャラリー
東京都品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 3F

 Yuka Tsuruno Gallery is pleased to present Little Owl’s Eyes, a solo exhibition by Maiko Kasai, from Saturday, October 21 to Saturday, November 25. In her first solo exhibition at the gallery in two years, Kasai will present new works that explore the narrative quality of painting by using the traditional motifs of western painting.

 In recent years, she has been producing paintings that explore the relationship between narrative and painting by composing stories based on scenes she witnessed in her everyday life or introducing a new, uniquely imagined perspective that complements untold parts of existing stories. Her paintings, characterized by bold brushstrokes and usage of empty spaces, are populated by socially undifferentiated beings such as young girls, animals or cartoon character costumes. The vague compositions and colors that cause the subject to merge with the background express her pictorial world at once as figurative and abstract.

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。