体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

泥酔禁止! 復興酒万歳!『純米酒フェスティバル』

お酒を飲む機会が増える春。歓迎会や懇親会、お花見などで「東北の日本酒で乾杯!」という人も多いのでは?
全国の日本酒の醸造元(蔵元)が自慢の純米酒を出品する『純米酒フェスティバル2012春』へ参加してきた。毎年春と秋の2回行われており、今回で25回目。蔵元がおススメする銘柄を飲めるという、純米酒ファンなら心ウキウキわくわくのイベントである。

純米酒って何だろう?

日本酒は“お米を材料としたお酒”だ。米・米こうじ・水だけで造った日本酒を“純米酒”と呼ぶが、一般に流通している日本酒の中には、醸造アルコール(食用エタノール)を添加した “本醸造”や“普通酒”も多く存在する。日本酒に関する最古の文献は『魏志倭人伝』と言われるが、その時代に醸造アルコールなんてものは当然ながら存在しておらず、昔ながらの造り方だと純米酒になるわけだ。もちろん美味しい本醸造もあるし、それに力を入れている蔵元もあるのだが、純米酒造りに戻りつつあるのが最近の傾向のよう。

参加者には女性グループの姿も!

開始5分間に会場に到着すると、既にほとんどの席に人が座っていた。チケットは前売り6500円で即日完売するといううわさ。昼の部と午後の部という二部制(2時間半)で、定員各600名、のべ1200名が来場する。首都圏だけでなく、地方から来場する人や、一部、二部の通しで参加する人もいるようだ。私は二部のほうへ参加したのだが、主催者の話によると300名のキャンセル待ちがあったそうだ。

参加しているのは一般消費者のほか、酒販店や飲食店関係者なども多い。10名掛けの丸テーブルが45卓。40代以上の男性が多い印象はあるが、明らかに20代の男性もいるし、私を含めて女性の姿も少なくない。中には女性だけのテーブルも。“日本酒=オジサンの酒”というイメージはもはや古いと言える。

最大のルールは泥酔禁止!

酒肴詰め合わせ

指定された席に着くと、松花堂弁当風のおつまみと、水を飲むためのグラス、試飲用のプラスチックの容器がセットされている。たくさんの種類の日本酒を飲む場所なので、食べながらお酒を飲む、水を飲みながらお酒を飲む。早々に酔っぱらわないためには、コレけっこう大事!

何を隠そう、この試飲会の最大の注意事項は泥酔(おう吐)禁止!申し込み時は「一人で参加する場合は身分証明書持参」「おう吐した場合は清掃費を負担」等の参加規約に同意が必要なのだ。ほとんどの人は酔っぱらっても楽しく帰宅できるはずだが、確かに、毎回終わる頃には千鳥足でトイレに向かう人が若干名見受けられる……。うーむ、主催者側も色々大変だなぁ。

開会宣言の後、試飲開始!

関係者の挨拶が終わると、なぜかマドンナの『マイルズ・アウェイ』が流れる。「景気づけの意味で最初だけ大きめの音量で流します。ボリューム下げろとか思わずに我慢してください。その後はいろんな曲が小さめに流れます」とアナウンスが。何だそれ(笑)。

開会宣言と同時に、来場者は一斉にお目当てのブースへ向かう。なかには小走りになる人も。41蔵おススメの銘柄が全て試飲できる。非売品や超レア酒は早々になくなってしまうこともあるから、はやる気持ちが抑えられない人もいるわけだ。浮き足立つってこういうことだな……と実感。あっという間に大行列ができるブースもある。高いお酒から飲もうとする人が多い。もはや彼らにはマドンナの声なんか耳に入っていないに違いない。たぶん私が歌ってても気づかないんじゃないだろうか。イヤ、まぁ、さすがにそんなことはないか。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。