ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

AndroidスマホをノートPC化するデバイス「Openbook」は1万円台!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
スマホでの文字入力や動画閲覧がやや辛い−。そんな人向けに開発されたノートPC風デバイス「Openbook」がクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。

AndroidスマホとUSBケーブルでつなげるだけでスマホをPC化できるというもので、これを使えば操作・快適性が向上しそうだ。今なら出資額が109ドル(約1万2000円)~となっているのも魅力だ。

・持ち運べるサイズ

Openbookの外観はほぼ小型PC。14インチのLCDスクリーンで、重さは1.26キログラム。軽量なので持ち運びもさほど苦にならなさそう。

スマホとはUSBケーブルでつなぐ。すると、スマホのスクリーンがそのままOpenbookに反映され、Openbookのキーボードやタッチパッドでスマホが操作できるようになる。

つまり、スマホの小さなスクリーンを見たりタイプ入力したりする必要がなくなる。最近はスマホも大型化しつつあるが、それでもPCに比べると小さいことには変わりなく、スマホだと目が疲れるという人にはお役立ちツールとなる。

・Android5.0~に対応

Openbookにはマイクやスピーカー、ヘッドフォンジャックもあるので、ビデオ鑑賞なども快適にできる。また、SDカードスロットも用意されていて、データのバックアップなどがすぐにとれるのも便利だ。

バッテリー容量は1万mAh。Android5.0~の端末で利用可能となっている。

予定小売価格129ドル(約1万4000円)のところ、Kickstarterでは今なら109ドル(約1万2000円)~。出資は11月9日まで受け付けるので、興味のある人はお早めに。

Openbook/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。