ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

赤い公園・津野米咲が、SMAPへの曲提供で学んだこと

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

赤い公園・津野米咲が、SMAPへの曲提供で学んだこと
J-WAVEで10月9日(月・祝)にお送りした番組「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL TIME MACHINE RADIO」(ナビゲーター:蔦谷好位置)。 9時間生放送で、80年代、90年代、00年代、10年代…とそれぞれの時代の名曲を振り返り、過去・現代・未来へ続く音楽を探していきました。

PUNPEEさん、水曜日のカンパネラのトラックメーカー・ケンモチヒデフミさん、KREVAさんといった豪華なアーティストをゲストにお迎えしましたが、ここでは、赤い公園の津野米咲さん(Gt/Cho)が登場したパートをピックアップします!

今回、9時間という長丁場の蔦谷のために、足のツボを刺激するジェルシート、そして蔦谷の大好きなミンティアを差し入れしてくれた津野さん。ミンティアはビタミンC入りのものだそうで、「一番、今の俺に必要なものですね(笑)」と蔦谷を感激させました。

赤い公園は2010年に結成。2012年にメジャーデビューしました。蔦谷とは、2014年にリリースされたアルバム「猛烈リトミック」の収録曲で一緒に仕事をしています。

蔦谷:最初は確か尾崎くん…
津野:そうです。クリープハイプの尾崎世界観さんと、お友達の大東駿介くんが会を開いてて。
蔦谷:飲んでて、そこに合流したんだ。
津野:「蔦谷さんがいるから来い!」って。行ったんですけどね。わりと酔っ払われてて…。ちょっとあまり会話にならなかった(笑)。
蔦谷:(笑)。

そんな出会いから赤い公園の曲をプロデュースする仲になったそうで、「お世話になってます」と津野さん。アーティストらしい出会いですね(笑)。

アイドル好きでもある津野さんですが、そのきっかけは小学2、3年生の頃にハマったモーニング娘。だそう。「当時から“推しメン”みたいなものがあんまりいなくて…。それよりもモーニング娘。のトラックが結構ぶっ飛んでて、ベースが好きでしたね。ベースがカッコいい。それを“普通の女の子たちが歌ってる”みたいなのに、すごく胸がキュンとして」と津野さんは語ります。

そして現在では、そのモーニング娘。に楽曲を提供されています。子どもの頃に大好きだったアイドルに曲を作っているとは、すごいですよね。そしてさらに、あのSMAPにも曲を提供されています。どういった経緯で提供することになったのでしょうか?

「これはコンペです。曲のオーディション。この時、私はバンドを休止中で、ダメもとで送ってみたところどうにかこうにか」(津野さん)

「Joy!!」という曲なのですが、聴いた蔦谷は「やっぱり津野節がめっちゃ出てますね」とコメント。また津野さんはSMAPに曲を書いたことで、あることを学んだと言います。

津野さんはとにかくSMAPが大好きで、ずっとファンだったそう。「ダメもとで、『どうしても今、私が歌ってほしい曲を書こう』と思って書いたら、運良く使われたっていうことで、“愛を持って曲を作る”ということを学びました」と語りました。

赤い公園の曲はもちろん、津野さんが今後、どんなアーティストに楽曲を提供するのかも楽しみですね!

【番組情報】
番組名:特別番組「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL TIME MACHINE RADIO」
放送日時:10月9日(月・祝)9時−17時55分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/holiday/20171009/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。