体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【撮り下ろし】Live Musical『SHOW BY ROCK!!』観客のみんなを“シュラライザー”に! 忍迅雷音キャストインタビュー

サンリオの音楽・バンドをテーマとしたキャラクタープロジェクト『SHOW BY ROCK!!』を原作としたLive Musical『「SHOW BY ROCK!!」―深淵のCrossAmbivalence―』が10月19日より上演。今回の公演には、新バンド“忍迅雷音”が初参戦! 

“忍迅雷音”は、「未来からタイムスリップしてやってきた、サイバー忍者バンド」。嵐(Vo+Gt)役・辻 諒さん、朧(Gt)役・井阪郁巳さん、燐(B)役・高橋健介さん、神威(D)役・赤澤遼太郎さんにインタビュー!

※すべての画像が表示されない場合はOtajoからご覧ください
http://otajo.jp/70004[リンク]

インタビューを行った時点では、まだ稽古には入ったばかりという4人ですが、出来上がったバンドビジュアルを前にすぐに話が盛り上がったり、この日の赤澤さんの帽子をいじったりと、すでに仲の良い雰囲気が伝わってくるメンバー。

忍迅雷音は瞬きしていたら見逃すくらい素早い!?

――忍迅雷音はミュージカル初参戦ということで、バンドの紹介をお願いします。

高橋:はい、そこはリーダーの朧から!

井阪:忍迅雷音は未来から来たサイバー忍者バンドということで、その名の通り、全員忍者です。アニメなどでも急に現れていつの間にか去っていたりする、本当に忍者のように風の如く、この舞台でも現れては消えて、いきなりライブして、という他にはない個性派バンドです。

――それぞれのキャラクターと担当パートも教えてください。

辻:ヴォーカルとギターを担当します、嵐役の辻諒です。忍者の中でもシバイヌ族です。やんちゃでメンバーの中では弟的な存在です。

高橋:ベースを担当します、燐役の高橋健介です。特徴はやっぱりおっぱいが大きいところですね。忍迅雷音の紅一点です。

――くのいちを演じると聞いた時はどう思われましたか?

高橋:話を最初に聞いたときは、新しい境地だと思いました。新しいチャレンジの中に求められていることがあると思うので、しっかり違和感なく成立させたいという気持ちが一番にあります。お芝居を頑張りたいのはもちろんですが、まずはキャラとしてきちんと成立させたいです。

赤澤:ドラムを担当します、神威役の赤澤遼太郎です。僕も忍マシーンという設定なので、はじめにお話をいただいたとき、「マシーンか」と思って。僕は元々ガタイがいいんですけど、以前ラジオで「ガタイがいいから、いつかガンダムみたいな役がくるといいね」って言われたことがあったので、念願叶いましたね!

高橋:
確かに! もう死ねるね。

赤澤:
いや、まだ夢ある、死ねない! あと80年生きたいです!(笑)

辻:けっこう生きるね(笑)。

赤澤:図太く100歳まで生きたい(笑)。でも、忍マシーンは健介くんと同じように新境地なのですごく楽しみです。神威は忍マシーンだけど、原作ではみんなからとても頼られているんですよ。だから、某国民的アニメのロボットみたいに愛されたいなって思います。

1 2 3 4 5 6次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。