ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

色の変化で血糖値の変化をお知らせ! ハーバード大がタトゥーとして使う特殊インクを開発

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
糖尿病を抱える人にとって血糖値の管理は重要だ。現在は指先などを刺して少量の血液をとり血糖値を測定する方法が一般的だが、近い将来タトゥーを貼るだけで済むようになるかもしれない。

ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学の研究チームが特殊なインクを開発した。タトゥーのように皮膚にはるだけで血糖値がわかるというものだ。

・バッテリーいらず!

最近では、針を使わないタイプの血糖値モニターが出てきてはいる。しかしそれらはバッテリーや、データ転送のためのワイヤレスコミュニケーションシステムを要する。

しかし今回開発されたのはバイオインクで、化学反応を使うタイプ。血漿のように働く間質液に反応し、血中の化学濃度を示す働きをする。具体的には、このインクをタトゥーのように皮膚につけるだけで、血糖の値によってインクが緑から茶色と変わる。

・色をみてインスリン注射

つまり、患者はこのタトゥーを肌につけて、色の変化を見るだけでおおよその血糖の値がわかるので、タイムリーにインスリン注射を打てるというわけだ。

糖尿病患者の中には、採血を煩わしいと敬遠する人も少なくないだけに、痛い思いをしなくても一目で血糖値レベルがわかるというのは大きな意味を持つ。

開発チームによると、このインクは現段階ではさほど長持ちしないとのことで、この点の改善が実用化へ向けた鍵を握ることになりそうだ。

ハーバード大学

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。