ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

故ポール・ウォーカー仕様の『Xbox One S』 ポールの弟コディやヴィン・ディーゼルも大喜び

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

オリジナルの作品が年々少なくなり、続編、リメイク、アニメの実写化などがますます増えていく傾向の強い映画界ですが、低予算でスタートしながらも大ヒットしたことで人気シリーズとなったのが2001年に1作目が公開された『ワイルドスピード(原題:The Fast & The Furious)』シリーズです。

A Tribute to Paul Walker(YouTube)
https://youtu.be/o8UCI7r1Aqw

その『ワイルドスピード』の看板俳優と言えば、ブライアン・オコナー役を演じたポール・ウォーカー(以下、ポール)とドミニク・トレット役のヴィン・ディーゼルでしょう。残念ながらポールは、2013年11月30日、交通事故により40才の若さで亡くなってしまいました。


マイクロソフトは、『ワイルドスピード』でポール・ウォーカーが最初に運転していた95年型の三菱『エクリプス』のカラーリングが施されたカスタムメイドの『Xbox One S』を発表しました。映画で共演したヴィン・ディーゼル、タイリース・ギブソン、ポールの弟のコディ・ウォーカー(以下、コディ)などのサイン入りとなっています。

このカスタムメイド『Xbox One S』は、ポールが創設した災害救援のNPO団体“Reach Out WorldWide(以下、ROWW)”とXboxが共同開催する、ポールの名前を冠した『Game4Paul』というチャリティーイベントにてオークションにかけられます。オークションによる収益は全てROWWに寄付されるとのこと。


ROWWの最高経営責任者でもあるコディは自身の『Twitter』で、ヴィン・ディーゼルやタイリース・ギブソンと共に撮影した動画を公開しています。


一体いくらでポールのエクリプス仕様『Xbox One S』が落札されるのか気になるところです。本記事執筆時点でオークションのほうは現在進行中のようですね。

※画像:
https://twitter.com/codywalkerroww/status/913920830081585152

※ソース:
https://twitter.com/codywalkerroww
https://news.xbox.com/2017/09/28/reach-out-worldwide-custom-console/
https://prw.kyodonews.jp/opn/release/201709276172/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。