ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

後藤久美子の長女・エレナ アレジ 後藤、オスカープロモーションから10月に日本デビュー!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2017年10月1日、後藤久美子の長女、「エレナ アレジ 後藤」がオスカープロモーションから日本デビューする。

日本では知らない人が居ないほどの有名美人モデル・後藤久美子と、夫であり世界的に有名なF1レーサー・実業家のジャン・アレジの長女である「エレナ アレジ 後藤」。

現在、エレナはイギリス・ロンドンの映画制作専門学校に通っており、今秋に予定している学校卒業に伴い、日本で2018年より本格的に芸能活動を開始することが決定した。

1996年11月19日、フランス・アビニョンに生まれた現在20歳のエレナ。注目すべきは、母親ゆずりのその美しさと、賢さ。なんと、フランス語、英語、日本語、イタリア語、ドイツ語、ロシア語の計6か国語を堪能に話すことが出来るのだ。まさに「才色兼備」とはこのこと!

そんなエレナの記念すべき日本初のメディア露出は、母・後藤久美子と美の競演。究極のハイエンドマガジン『Richesse(リシェス)No.21』(9月28日発売)にて、ファッション誌の表紙で芸能界デビューをする。

雑誌『25ans』のラグジュアリーな世界をより高めた、究極のハイエンドマガジン『Richesse(リシェス)』。今回、表紙では後藤久美子・エレナが「ブルガリ」のハイジュエリーを身に着け、圧巻のドレス姿を披露。本誌がメディア初登場、モデル初デビューのエレナだが、現場でも臆することなく撮影に挑んだとのことだ。母・久美子は笑みを絶やすことなく温かく見守り、「ああ、こんな服やジュエリーも似合う年齢になったんだな、と改めて思いますね」と語った。

「母から受け継ぎたいものがあるとしたら、それは家族へ捧げる愛。いつか私も母になる日が来たら、彼女のようになりたいと思う。ずっとずっと憧れです。」と母への尊敬を語るエレナ。一方、母の久美子も「(私とは)別の人生をエンジョイしてほしいな、と思う。私とは性格的にまったく違うけれど、だから面白い。彼女の人生を見ることで、もしかしたら歩めたかもしれない別の人生に触れられるようで、それも面白いのです。」と、娘・エレナの将来へ期待している様子だった。

ヴェネツィアのサン・マルコ広場のカフェ「フローリアン」や「ブルガリ」のブティックで撮影されたという、後藤親子の表紙が目印の『Richesse(リシェス)No.21』(9月28日発売)が見逃せない! 同時に姉妹紙である『25ans』11月号(9月28日発売)でも、2人の特別インタビューが掲載されている。両誌とも、要チェックだ。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 吉田海音) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。