体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「なぜ本当のお父様じゃない人のお世話になるの?」ところ構わずセクハラ三昧!なぜか親に知らせず勝手に娘を養女にする貴族社会の謎 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

顔がいい人だけが言えるジョーク!姫が立派に育ったのはなぜ?

夜通しの勤行が終わったあと、右近は静かな僧房で姫君と体面しました。質素な格好を恥ずかしがっていますが、とても美しい姫君です。

右近は源氏の冗談を引き合いに出します。「殿はわざと“私が知っている一番の美人は2人。それは亡くなられた女院(藤壺の宮)と、うちのちい姫だ”。そして紫の上に向かって“あなたが私と夫婦だなんておかしいね。光栄だと思いなさいよ”なんて仰るの」。ガチで顔がいい人だけが言える選ばれしジョーク!

「美男美女のお二人を拝見すると、まるで寿命が伸びるようです。私もたくさん美しい方を拝見しましたが、やはり紫の上が一番。でも、姫様はその紫の上にどこをとっても負けていませんわ」。

乳母は自慢の姫を褒められて相好を崩しながら、今までの道のりがいかに大変だったかを語り、今後を頼みます。「源氏の大臣はご立派な方でしょうが、れっきとした奥様が大勢いらっしゃいますでしょう。それよりはどうかお父君の頭の中将様にお知らせできるよう計らって下さい」。

乳母の言うことはもっともです。話の辻褄が合わないので、右近はここでようやく、夕顔の死の詳細を語りました。覆面の男が実は源氏だったこと。某の院での急死や、山寺の寂しい葬儀のことも。

「殿はいつまでも夕顔さまのことをお忘れにならなくてね。忘れ形見の姫君を我が子と思って世話したい、うちには子どもも少ないから、もし見つかったら手元に迎えたいと、ずっと仰っていたのよ……」。

長い年月のあれこれを語り合いながら、右近と姫一行は数日をともにしました。姫の美貌はもちろん、立ち居振る舞いの素晴らしさにも、右近は目を見張ります。

(乳母殿は本当に立派に育ててくださった。どんなに美人でも、田舎っぽいところがあったら玉に瑕だもの。夕顔さまは頼りないほどおっとりした、可愛らしい方だったけど、この姫には優雅な気高さがあるわ。

九州は洗練された、奥ゆかしいところなのかしら。でも、同行者は一様に田舎っぽくなっているし……)。確かに姫以外の人は皆太ってダサくなっています。やはりお姫様は、生まれ持ったものが違う?

若い子だけじゃなくオバサンにも…暇な源氏のセクハラ三昧

お寺での日程を終え、右近と一行はきっちり互いの住所を確認し合いました。今度は連絡が取れないなんてことがないように!幸い、場所はそう離れておらず、いろいろと安心です。

右近は帰京後、源氏に報告すべく六条院に出仕。久しぶりに通る六条院の大きな門からは、出入りする人も牛車も大勢いて、何とも賑やかです。

改めて見る六条院の華やかさに、右近はなんとなく気後れがして、女房の控室に下がっていると「右近は戻ったの?顔を見せて」と紫の上からお呼びの声が。休み明けの女房は他にも大勢いるはずなのに、特別に自分をお召しくださったと思うと嬉しくて、右近は早速参上しました。

紫の上は源氏と居間でくつろいでいるところでした。紫の上は27、8歳。女盛りを迎えて、ますます輝いて見えます。(しばらくぶりに拝見したけど、また美しくなられたようだわ。姫は紫の上に負けないと思ったけど、やっぱり幸運の差というのがあるのかしら……)。

源氏は「今回の休みは長かったな。しかもなんだか若返ってるみたいだぞ。怪しいなぁ。なにかイイコトがあったんだな」とセクハラ混じりでニヤニヤ。「何もございませんよ。ただとてもお会いしたかった方に巡り会えました」「おや、それは誰?」

右近は返答に窮します。何も知らない紫の上の前でこの話をするのはおかしいし、かといって源氏にだけ話すと疑われそう。他の女房たちもやってきたので、いったん話を保留にして下がりました。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。