体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ホラー通信セレクト 今週公開の映画】2017/9/30号:『ソウル・ステーション・パンデミック』

ホラー通信が選ぶ今週公開の映画をご紹介します。

今週は、現在公開中の『新感染 ファイナル・エクスプレス』の前日譚『ソウル・ステーション パンデミック』が公開に。
多くのホームレスが寝泊まりするソウル駅で、様子のおかしいホームレスがひとり。同じくホームレスである弟は、兄を助けようと奔走しますが冷たい対応をとられるばかり。しかしそのあいだに兄はゾンビへと変貌しており、誰もが無視できない存在へとなっていたのです――。『新感染』と同じテンションの作品を期待して『ソウル・ステーション・パンデミック』を観に行くと、物語のヘヴィーさがかなりショッキングかもしれません。『新感染』を“ゾンビ映画を初めて観る人のために作った”というヨン監督。そこからもう一歩進みたい方、「もっと腹にクるゾンビ映画を観たいんだ」と思っていた方、さらなるヨン・サンホワールドを体験したい方に是非ともオススメしたいこの作品。しかも単館上映ではありませんよ! 館数はそれほど多くないとは言え全国での公開です。お見逃しなく!

それでは今週も行ってらっしゃい!

『ソウルステーション パンデミック』  9月30日公開

<ストーリー>
起きていることは現実だ!世界の終わりは、ここから始まる。
へスン(声:シム・ウンギョン)は奴隷的な風俗店での生活から逃げ出して、現在は甲斐性のない恋人キウン(声:イ・ジュン)と暮らしているが、キウンが稼ぐ術も、オンラインでヘスンに体を売らせることしかなかった。そのことでケンカし、ひとりで夜のソウルをさまようへスン。その頃、ソウル駅では、血まみれのホームレスが息絶えた後、生き返り、人を襲い、食らいつき始める。ゾンビが人を襲い、襲われた人がゾンビとなってまた人を襲う。犠牲者は瞬く間に増え、パンデミックの発生を知ったキウンは、ヘスンの父と名乗る男(声:リュ・スンリョン)とへスンを探す。一方、政府はソウル駅周辺を封鎖し、事態を終息させようとするのだが…。

上映館:新宿ピカデリーほか
この映画の記事:ゾンビのホームレスを見過ごせるか? 泣かせる映画『新感染』のヘヴィーな前日譚 『ソウル・ステーション・パンデミック』
リンク:映画公式サイト

予告編やリンクが表示されない方はホラー通信の記事をご覧下さい – http://horror2.jp/20589

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy