体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Micromemo』で『iPod nano』がデジタルレコーダーに変身

micromemo_nano4g

第4世代の『iPod nano』をデジタルレコーダーに変身させる『Micromemo nano 4G』がイメーションの『XtremeMac』ブランドから発売されました。『iPod nano』本体をスライドインして『Micromemo』に装着するだけで高音質録音(WAV形式)が可能。カラーはブラックのみ、価格はオープンです(すべての写真付き記事はこちら)。

ipn-mm4_micromemo_3

付属の角度調整が可能なフレキシブルモノラルマイクを使って、会議や打ち合わせ、語学の練習、インタビュー、セミナーなど幅広い用途の録音ができます。3.5mmジャックが搭載されたステレオマイクを使用すれば、ステレオ録音も可能。録音情報は『iPod』スクリーンに表示されます。

micromemo_nano4g_2

背面には小型モノラルスピーカーがありますので、録音した音声をすぐに確認したり、『iPod』用の手軽なスピーカーとして音楽を聴いて楽しむこともできます。電源は『iPod』から供給するため、外部電源は不要。コードレスでスマートに持ち歩くことができます。

また、外部ライン入力を使えば、レコードやカセットテープなどのアナログコンテンツをデジタル化して録音、『iPod』で聴くこともできちゃいます。お手持ちのアナログ音源のデータ化を検討している人にも便利なガジェットになりそうです。

『Micromemo nano 4G』の主な仕様
対応機種:iPod nano 4G
録音形式:WAV
録音音質:ステレオ/16bit,44.10kHz(10MB/min)、モノラル/16bit,22.05kHz(2.5MB/min)
録音方法:ステレオ/モノラルマイク接続、ライン入力(3.5mmステレオミニジャック)
レベル調整:オートゲインコントロール
サイズ:W53×D15×H107mm(マイク含む)
重さ:37g
付属品:モノラルフレキシブルマイクなど
 
 
■こんな“データ変身系”の記事もあります
『iPod』用スピーカーをBluetooth対応にするオーディオレシーバー
『CASSETTE to DIGITAL』 を試してみた【思い出は永遠に】
古いカセットテープをMP3に変換『CASSETTE to DIGITAL』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。