体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フィリピン人SSW、Reese Lansanganの「Grammar Nazi」がバンコクの学校教材に

フィリピン人SSW、Reese Lansanganの「Grammar Nazi」がバンコクの学校教材に

 シンガーソングライターReese Lansanganは、バンコクの子供達の英語学習をより楽しいものにしてくれるかもしれない。

 2017年9月4日にAssumption College Thonburi校は、Lansanganの「Grammar Nazi」を学校の英語の授業で学習用教材として使ったことを示すビデオを公開した。「単数名詞と複数名詞に続くbe動詞や複数形にすることができない不可算名詞やアポストロフィがつく所有格と短縮形などについて学ぶためにフィリピン人のアーティストReese Lansanganの歌を使った」と学校側は話している。

 そして4日深夜、Lansanganは自身の公式ツイッター・アカウントに「私の歌が他国で若者の学習用教材になったことは私にとって大きな栄誉です」とツイートした。

 Lansanganは、2冊目の著書「The Maps That Contain Us」をマニラ国際ブックフェアで9月16日に公開したばかりだ。

◎G.4A Listening Task (also featuring G.1B)
https://youtu.be/iGEq2hRBNVY

◎「Grammar Nazi」MV
https://youtu.be/hTJw6Llr21M

◎Reese Lansanganによる投稿
https://twitter.com/reeseypeasy/status/904709193327722497
https://twitter.com/reeseypeasy/status/904710116976484356

Text: Billboard Philippines (原文: Kara Bodegon / 翻訳: Isa Igana)
Photo: Reese Lansangan on YouTube

関連記事リンク(外部サイト)

REESE LANSANGAN’S ‘GRAMMAR NAZI’ IS BEING USED TO TEACH ENGLISH IN THAILAND: WATCH
【ビルボード】向かうところ敵なし! エド・シーラン、遂に洋楽チャート19週目のNo.1に
リンキン・パーク、故チェスター・ベニントンが楽屋でメンバーとふざける動画を公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy