体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Escape Issue : Interview with Jen Shear & Vinnie Smith

IMG_1095_OK

カリフォルニアのコラージュアーティスト、Jen ShearとViinnie Smithはアンティークの雑誌や本、写真を素材として作品を作り上げる。コンピュータやインターネットが台頭する現代において、コツコツとマーケットをまわり、見つけたお宝をもとにイメージを膨らませ、手作業で切り貼りしていく。彼らはそれを瞑想のような作業と言う。ありあまるほどの情報を遮断し、自分の内側を見つめることは、創造の種を咲かせるための大切なステップだ。

——「Pictures In The Sun」は情報化社会の影響、真実と虚構について思索した作品を展示したということですが、そのようなことを考えるきっかけとなったのは?

Vinnie「そもそもコラージュ自体が再作業みたいなものだと思うんだ。その行為自体がフィクションというかね。使用している写真は全て、本来は固有の物語や目的をもっていて、僕らはそれらの素材を再利用し、加工して、新たな価値を創造している。遊び心をもってね。僕らは物書きじゃないから結末も用意していないし、決められたストーリーやメッセージも、ニュースのようなものも必要ない。本来の物語や目的を内包しつつも、観る人それぞれが文脈化して、新しい物語を作ってくれたらそれでいいと思っている。作品をどのように読み解いてもらうかは自由なんだけど、なにかを作るうえで、主観的なイメージと架空のイメージがどうやって形成されるのかについては常に考えを巡らせている。大自然の写真が作り物のように見えることがあるように、物事は本物かどうか信じられなかったりするようことがある。それはとても興味深いことだと思う」

Jen「写真は時に、広い解釈で捉えることができるもの。多くの場合、写真の中の物語は見る人の解釈に委ねられているわ」

——なるほど。そこから、特にどのようなことを重視して制作していったのでしょう。

Vinnie「バランスにはかなり気を遣った。本質的に僕らの心を動かすもので、僕らが見つけられる範囲のものを使ったコラージュの実験というか。つまりは僕らが好む“限りあるもの”から逸脱しないバランスだね」

IMG_1060_OK

Jen「限られたものとの出会いを大切にしつつ、結果を導き出すようにしたの。タイトルの『Pictures In The Sun』が表しているように、偶然見つけた素材やイメージに、新しい命を吹き込んでいったわ」

Vinine「世界には本当にたくさんの写真がある。特にデジタルは膨大だ。でも僕たちはふたりとも、古いものや古い世界が好きなんだ。iPhoneが世に出る前の世界を憶えている。グーグルではどんな写真でも見つけることができるし、インターネット上には全てがあるのを知っている。でも僕はアナログでありたいと思っているんだ。この作品にはコンピュータやインターネットが存在しない。『Pictures In The Sun』はとても大きなタイトルだから、いろんな意味を内包している。だから作品の中には存在しなくても、僕らはこの世界で見つけられるモノはどんなイメージをも広く参考にしているということでもあるんだよ」

——なぜそのタイトルにしたのですか?

Jen「かなりたくさんの候補があって、その中のひとつだったの。暗示のような意味合いでこのタイトルにしたのよ」

Vinnie「芸術品のような印刷物は、iPhoneやInstagramの出現で危うい立場になってきているけど、印刷物やプリントされた写真は物理的に存在し、太陽の光を浴びることができる。だけどインターネット上の写真は結局、フィジカルには存在しない。太陽を浴びることはできないんだ」

Jen「英語の慣用句で”giving something new light(古いものに新しい命を与える)”というのがあるのだけど、そのアイデアを受けたものでもある。”Pictures In the Sun”は響きが良いというのもあるけど、古いものを新しい見方でもう一度捉えるという意味を込めてもいるわ」

1 2 3 4次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy