体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トレンドマイクロ、Google Playストアにおける「ウイルスバスターモバイル for Android」の販売を開始

トレンドマイクロが4月10日にGoogle PlayストアでAndroid用セキュリティアプリ「ウイルスバスターモバイル for Android」の販売を開始しました。価格は、1年ライセンスが2,980円、2年ライセンスが5,480円。なお、アプリはダウンロード後30日間無料で試用することができます。

従来は同社のオンラインショップや店頭で販売されていましたが、10日からGoogle Playストアからアプリをダウンロード、そして、アプリを継続使用するためのライセンス料をアプリ内からGoogle Walletで支払うことが可能になりました。Google Walletを使って決済では、購入後のライセンスキーの入力も不要になります。

「ウイルスバスター モバイル for Android」では、インストールしたアプリをスキャンし、不正プログラムをチェックするウイルススキャン機能、トレンドマイクロのクラウドセキュリティ技術基盤を利用し、不正プログラム配布サイトやフィッシングサイトなどへのアクセスをブロックするWEBレビュテーションやURLフィルタリング機能、ユーザが設定した(ブラックリスト/ホワイトリスト方式)送信元からの電話着信及びSMSをブロックする迷惑電話/SMS防止機能、専用WEBサイトから端末の位置を地図上に表示して追跡したり、遠隔地から操作できないようロックしたり、端末内のデータを削除したりできる盗難・紛失時に役立つ機能を利用できます。

ウィルスバスターモバイル for Android」(Playストア)Source : トレンドマイクロ



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC One V、英国では4月23日発売
富士通、Androidタブレット「ARROWS Tab Wi-Fi」のソフトウェアアップデートを開始
Snapdragon S4を搭載した米Verizon向け端末「LG VS930 4G”D1LV”」と「Droid RAZR HD"Vanquish"」の情報

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。