体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最高峰エレキ・ギター『59年製ギブソン・レス・ポール』が撮れる! 山下達郎、サザンらを撮影してきたフォトグラファー直伝のギター撮影会が開催

スマホには高性能カメラが搭載され、無料アプリでフォトジェニックな加工もラクラクできてしまう時代ですが、一眼レフの人気は依然として劣え知らずですよね。

こだわりをもってカメラを愛する人、ギターを愛する人に向けたムック『ギター・マガジンが本気で教える こだわりの愛器撮影テクニック』は、一眼レフでギターを上手に&カッコよく撮影する方法を“一流のフォトグラファー”に教えてもらうという一冊です。本書の編集担当に話を聞いてみましょう!

一眼レフでカッコいい写真を撮る楽しさを、すっごいギターで勉強できる!

Gibson Les Paul Standard 1959年製 THE BURST “Birdseye Top”
©クロサワ楽器G-CLUB TOKYO

ーーー『ギター・マガジン』はギター専門誌なのに、この本はギターではなく、一眼レフの本ですよね?

編集担当 はい、撮影の本ですね(笑)。そもそも企画を考えたのは、持ってはいるけれど十分に活用しきれているとは言えない一眼レフのカメラを、「好きなギターを撮ることで無理やりにでも引っ張り出したい」というところからでした。僕ら『ギター・マガジン』では毎月のようにギターをいろんなシチュエーション、角度から撮影しているし、そのノウハウの一端を紹介することで、みんなが一眼レフ撮影の入り口に立てたら嬉しいなって。

ーーーでも、それはプロがちゃんとスタジオで撮影しているからこそ、きれいな写真が撮れているのでは?

編集担当 確かに「プロの仕事」ではあるのですが、実はそれほど大がかりなセッティングをしているわけではないんですよ。実際に省スペースでも撮影できることを示すために、この本の第3章では僕の実家というシチュエーションで撮影をしているんです。

ーーー実家ですか!笑

編集担当 ええ(笑)。機材についても多くはストロボを使ってはいますが、自然光での撮影もあるし、総合的なライティングの基礎が学べるので、ギター以外のブツ撮り(モノの撮影のこと)や人物撮影などにも応用ができると思います。

ーーー最近は、SNSやネットオークションに、一般人でもプロ顔負けの写真をアップしたりする人が多いですよね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。