体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ゲームレビュー】核戦争サバイバルゲーム『60Seconds!』で避難生活の極意を身に付けろ! 核シェルターで生活するアプリをやってみた

澤田がこの記事を書いている9月7日現在、我らがアントニオ猪木参議院議員は北の国へ向かった。

猪木さんは、官房長官からの批判をむしろ自分の燃料にしている。というのも、この人は5歳で父親を亡くしたあとは母方の祖父・相良寿郎に育てられた。いわゆる「お爺ちゃんっ子」というやつなんだけれど、相良寿郎氏は事業家としての大成功と大失敗を何度も繰り返したベラボーな人物。

要するに猪木さんは、この相良寿郎氏のテンプレ的存在というわけだ。常にアドベンチャーを好み、現実性は度外視して「誰も成し遂げていない道」を無条件に選ぶ。三条市の堅実な商家の息子だったジャイアント馬場さんとは、その部分が180度違う。

そう解釈すれば、リスク覚悟で北の国へ行く理由も何となく分かってくるんじゃないだろうか。

それはさておき、ミサイルの話である。

この前、Jアラートが鳴って仰天した人も多いだろう。戦時中を知っている世代の人は、空襲警報を思い出したかもしれない。こりゃあいよいよ、戦争が始まっちまうのか!?

そうなった時のために、とりあえずアプリゲームで避難訓練しておこうじゃないか。

60秒で避難生活の準備!

世界的に有名な『60Seconds!』というゲームがある。これはもうスマホアプリ化されてるんだけどね。

内容をざっくり解説すると、核爆弾が落ちてくる60秒の間に核シェルターで生活するための準備をして、爆弾炸裂後は救助が来るまでシェルターで過ごすというもの。

これが、すっげぇ難しい。最初に家から何を持っていくかでその後の避難生活の在り方が変わるんだけど、日に日に水と食料がなくなっていく有様は恐ろしすぎて小便を漏らしちまうくらいだ。

ゲームに登場するのは、メリケンのとある4人家族。メタボ気味な体型の大黒柱テッド、嫁のドローレス、栄養に満ち満ちた娘のメリージェーン、そしてまだ幼い息子のティミー。

この面子がシェルターの中で協力して過ごすんだけど、彼らも人間だからね。病気もするし、怪我もするし、たまに発狂する。それをいかに処置するかが、このゲームの鍵になるっつーことだ。

老人ホームを襲撃!?

避難生活も日数を重ねると、当然ボロボロになっていく。

テッドなんか、2日目で今にもくたばりそうな顔になってるからね。てかこの親父、「大黒柱」っつったって大して強くはない。食料探しに外へ出させたら、そのまま返ってこないことがしばしばある。そんでもってこの親父と嫁のドローレスが死ぬか行方不明になると、その時点でゲームオーバー。

ちなみにこのゲームはテキスト部分が大半を占めるんだけど、その言語ローカライズがかなり中途半端。日本語の場合だと、おかしい文章がよく出てくる。時々スペイン語だかポルトガル語だかで表示されたりもするから、そのあたりはちょっと難儀する。

そんなこんなで話を進めていくと、こんな選択肢も。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会