体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『散歩する侵略者』黒沢清監督&前川知大(イキウメ)が語る「恐怖と笑いのさじ加減」

散歩する侵略者

行方不明の夫が“別人の様に優しくなって”突然帰ってきた。戸惑う妻と毎日どこかへ散歩へ出かける夫。同じ頃、町で一家惨殺事件が起き、不穏な空気が漂う中、夫は妻へ告白する。「地球を侵略しにきた」と――。

劇団「イキウメ」の同名人気舞台を、『クリーピー 偽りの隣人』『岸辺の旅』の黒沢清監督が映画化した『散歩する侵略者』が9月9日より公開となります。長澤まさみさん、松田龍平さん、長谷川博己さんという豪華キャストを迎えた本作、謎が謎を呼ぶ展開と黒沢清監督らしい美しくも恐怖に満ちた世界観は最高の一言! 「イキウメ」主宰で原作の執筆者である前川知大さんによる見事なストーリー展開を独自の世界観で映像化しています。

今回は、黒沢監督と前川さんお2人にお話を伺ってきました。

img_1386

――舞台「散歩する侵略者」は「イキウメ」初期の大切な作品だと思うのですが、映画化が決定した際はどう思われましたか?

前川:期待しかありませんでした。監督が「『散歩する侵略者』を“侵略SF”として、舞台にも小説にも無い侵略シーンを入れたい」と言ってくださった時に、舞台では当然そういったシーンを描こうとは思わないので、一番面白いなと思った部分でした。

基本的に舞台と小説をそのまま忠実に再現してくださって、でもディティールが全然違うので。ストーリーが同じなのに全く違っているという所が驚きでした。

黒沢:侵略SFというジャンルは一度はやってみたくて、侵略SFにふさわしいシーンや展開を、ハリウッド映画の様にはいかないけど入れたくて。予算かかるんですよね……(笑)、でも無理を言ってやらせてもらいました。このジャンルをやるのだったら一回はやってみたかった、という渾身のシーンがいくつかあるのでぜひ注目して欲しいです。

散歩する侵略者

――監督は原作を読んだ時に「映画らしい物語」だと思われたそうですが、どの部分をそう感じられましたか?

黒沢:直感的なものなので、うまく言葉に出来ないのですが、一つは前に前に進んでいく物語だなと思いました。「昔こういうことがあったんだよ」という小説は、小説としては面白いのかもしれませんけど、映画にとって過去は説明でしか無くて、その先が観たいというのが映画の欲望だと思うので。後、演劇が先で後から小説化されたことが関わってくるかと思うのですが、コンパクトな物語ですよね。宇宙人の侵略というテーマを持っていながら、登場人物は少ないし場所も小さな町だけ。そこがとても映画っぽいなと思いました。

――原作への脚色はどの様に行いましたか?

黒沢:随分長い時間かけて作ったのですが、脚本の田中幸子は大学で教えたこともあって信頼をおいていたので、ざっくり言うと鳴海・真治夫婦の物語は彼女、ジャーナリストの桜井の物語は僕が書く、という感じで進めました。

――夫がいなくなって、違うものになって帰ってくるというのは、監督の映画『岸辺の旅』とも共通していますよね。

黒沢:これが偶然なんですよ。『散歩する侵略者』のほうが企画が先で、10年くらい前からずっとやりたいなと思っていて。映画の公開は逆になりましたが、『岸辺の旅』はプロデューサーから「この小説は黒沢さんにむいているんじゃないでしょうか」と言われたのですが、こういう作品が僕に合っていると思われているんでしょうね。夫が変になったとか(笑)。確かに『散歩する侵略者』ほど露骨に変なのは珍しいですけど、人がおかしくなる話っていうのはチョコチョコやっていますからね。改めて考えると、僕はもともとあった関係が狂ってしまったり、歪んだ関係が元に戻るという方が得意ですね。全く知らない人間同士が出会って物語が進む、主にラブストーリーだと思いますけど、そういうお話を自分が作るのは想像出来ない。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。