体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【期間限定でアニメ公開中】舞台『プリズム・ナナ』の稽古場を独占取材! 玉川来夢「細かい動きにも注目してください」

2015年にオリジナルアニメーションとして制作された『まじかるすいーと プリズム・ナナ』が、オッドエンタテインメント主催のもと、舞台『まじかるすいーとプリズム・ナナ ザ・スターリーステージ』として、東京・サンシャイン劇場(池袋)で公演する。

公演期間は、2017年9月13日(水)~9月18日(月・祝)の全8公演。メインキャストは、『月刊Popteen』専属モデルの前田希美(柊マコ/ライトニングナナ)、元『NMB48/AKB48』メンバーの三秋里歩(鷲岡至/ヒートナナ)、『AIKATSU☆STARS!』メンバーの遠藤瑠香(浅木飛鳥/アースナナ)、元『Dream5』メンバーの大原優乃(織部琴音/アクアナナ)、舞台女優・歌手の栗生みな(吠埜りいの)の5名が決定している。

その他、女優の玉川来夢(菅原亜子)や八坂沙織(静御前)など、総勢33名(アンサンブル含む)の女性キャストが出演する。さらに、本作のナレーションはオリジナルアニメーションで鷲岡至役を演じた声優・三森すずこが行うなど、豪華キャスト陣が当日の舞台を盛り上げる予定だ。

近年、ガールズ演劇が注目を浴びている最中、アニメ作品の舞台化という一つの挑戦を試みる本作に期待が高まりつつある。そこで今回は、舞台稽古の様子と作品について紹介する。

舞台を観る前にオリジナルアニメーションでストーリーをチェック

アニメファンの中には『プリズム・ナナ』の作品を知らない人も少なくないかもしれない。原案のオリジナルアニメーションは、『夢を叶えたい…!? 希望のアドバンス[前編]』、『メダルの国のハロウィン~ノリコと妖精~』、『星空編』が制作された。

その中から、今回は”星空編“が舞台化されることとなり、新たな内容も加わったオリジナルストーリーで進行している。けれども、読者のなかには「星空編を知らないから、舞台を見に行ってもわからないかも……」と不安になっている方はいないだろうか? 心配ご無用!!
現在、2017年9月18日(月・祝)までの期間、『YouTube』で星空編を見ることが可能になっている。

まずは星空編のアニメーションを見て、舞台公演前にストーリーを知ってみるのはどうだろう!

メインキャストたちが作り出すキャラクターたちの姿

アニメやマンガ原作の舞台では、登場人物たちのイメージを崩さないように役者や劇団スタッフも力を入れている。
現在、メインキャラクター5名のビジュアルが公開中だ。

前田希美(柊マコ/ライトニングナナ)

三秋里歩(鷲岡至/ヒートナナ)

遠藤瑠香(浅木飛鳥/アースナナ)

大原優乃(織部琴音/アクアナナ)

栗生みな(吠埜りいの)

パッと見ただけでは、キャストの素顔とキャラクターが一致しないようにも思える。それだけ、この舞台を作るスタッフやキャストたちの気持ちが強いことが伝わってくる。その他のキャストメンバーのビジュアルもSNSなどで公開されはじめているので、併せて見てみるのもありかもしれない。

本番に向けて出演キャストたちの本気を稽古場から密着取材

松本稽古(中)

歌あり、ダンスあり、アクションシーンありの舞台『まじかるすいーとプリズム・ナナ ザ・スターリーステージ』は、着々と形作られていた。その中でも、アンサンブルのダンスは、サンシャイン劇場のステージの広さを最大限に利用したパフォーマンスで踊ることを想定している。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。